TVが壊れた…だけで、ここまでバタバタするものかね!? 〜後編〜

で、接続(配線)は出来るよね?

…今頃のTVって、余程の外部接続機器が無ければ、これのどこを迷う?と言いたくなるくらい簡単なんだけどね。言い換えれば、線を外すのも簡単。

そんな訳で、新たなTVを買いに行く前に、まずは壊れてしまったTVの接続を相方さんが一旦外すことに。オイラは別の場所で待っていたのだが…ん? そんなに時間がかかるのか!?

10分近く経って、ようやく取り出したTVを見て絶句した。

HDMIケーブルは置いて行きなさい!!

このケーブルのお陰で、TVの接続(配線)はとてつもなく簡単になったんだけどね。映像と音声を質の高い状態で入出力するためのケーブル。昔の赤白黄色のケーブルなどが要らなくなった要因でもある。

そのケーブルがTVにつながった状態でぶら〜んと。もしかして新しい商品にも同梱とでも思っているのだろうか!? あれ単品で買っても結構良いお値段がするケースがあるからねぇ。

ちなみに、今回買ったハイセンスのTVにはHDMI端子があるものの、予想通りHDMIケーブルは付いておりませんでしたとさ。危ないことしてくれるわ、ホント。

で、TVを買って接続するのって、要は外した際の「逆」をやるってこと。もし配線に自信が無かったり、取扱説明書を見るのが億劫だったりするなら、外す前に写真を撮っておけと言っていたんだけどね。

「あー大丈夫」

結論…大丈夫じゃありませんでしたとさ。かなり悪戦苦闘した模様。しかし、ケーブルの数を聞くと、ケーブルTV用のアンテナケーブル1本とHDMIケーブル1本、TVのコード…のみだと言うのだが。何を迷ったのだろうか!?

その後、時刻やチャンネルの設定も、予想通り時間を食った模様。本人曰く「何とか見られるようになった」…何とかってもう不安がいっぱいやわ。まぁ、オイラが使う訳でも無いしなぁ。

ともあれ、これでTVの騒動は一旦収束したか。オイラを巻き込むのは、もう勘弁してけれ。多少は情弱状態から脱却して貰いたいわ。

さて、この日はTVを買い、TVをリサイクルに出した…だけでなく、仕事場の複合機のインクカートリッジを買った。黒を切らしたらしい。しかし、カートリッジを取り替え、複合機をちょっと使ったところで壊れたらしい。

その後も印刷が不安定に…TVもだけど、複合機まで壊れるってのは、その空間に何かがあるのかも知れないなぁ。明らかにTVよりも後に買ったものなのにね。

複合機に関するドタバタも後日綴ることになろう。

LINEで送る
Pocket