増えれば良いって訳じゃない!! ブログ記事の写真やイラストは軽やかにね

NO IMAGE

蓄積されれば増えるって訳だ。

体重…もそうだけど、ブログのデータってのもね。今はレンタルサーバーの容量がガッツリ上がっているので、一生乗り換えなくても大丈夫そうだけど、以前は容量がカツカツになって移籍・移行したものもあったからね。

時代も変わったよ。

しかし、データが重くなる要因って勿論、記事が増えるからってのもあるんだけど、そこに掲載するものだったり、綴り方だったりが大きく影響しているんだよね。

動画やスライドショーは容量食い。

写真やイラストも数多く貼れば容量を食う…で、オイラの場合、Adobe Illustratorでイラストや写真を加工して、そのままの状態を掲載するケースが多く、これが実は容量食いになっているのではないか?と思うようになった。

JPEG(JPG)ファイルを加工して、PNGファイルにしていることもあるし。

そこで、写真やイラストの「軽量化(圧縮)」を少し意識することにした。近年はインターネット上で写真やイラストを無料で軽量化するサイトが増え、それを駆使しながら写真やイラストを仕上げている。

では、こちらのイラストをご覧いただこう…ん? 冒頭のものと何ら変わらないじゃないか!? と思う方もあるかも知れない。しかし、今ご覧いただいているのは、同じイラストを「軽量化」したものだ。

容量を実際の数字で見ると、

冒頭のイラスト → 26KB
2枚目のイラスト → 10KB

…という訳で、実に61%の軽量化に成功している。だからと言って色がおかしくなったり、画質が荒くなったり…というのは無い。サイトで表示する分には何ら支障をきたしていない。

使っているサイトは、JPEG(JPG)ファイルの軽量化ならCOMPRESS JPEG日本版 (JPEG圧縮)またはCompressor.io、PNGファイルの軽量化ではCOMPRESS PNG日本語版 (PNG圧縮)だ。

一般的に、写真やイラストを含め、1つのサイト内で容量が大きくなるとその分、ページの立ち上がりが遅くなってしまう。立ち上がりが余りに遅くて、ページを見るのをやめた…という経験は多くの方がしているだろう。

そういう事態を防ぐ方法のひとつが、写真やイラストの軽量化だ。中でもスマートフォンやタブレットで撮った写真って元々が結構重いしなぁ。下手したらそのままの容量だとアップ先が拒否するケースもある。

軽量化することで見る影も無い状態になるのならしないけど、やってみると違和感ってのは無い。当ブログでは2018年4月16日以降の記事から原則、軽量化した写真やイラストを掲載している。

それ以前の記事を直すのは止めておくが、ご挨拶だったり特集ページだったりで差し替えがききそうなものは、ボチボチと対応しておこう。ヘッダーも次回(2018年12月1日変更予定)は迷わず軽量化だな。