予想外の理由から人間ドックに憧れる女

NO IMAGE

そうか、そういう歳じゃないのか。

オイラが現在暮らす自治体では、18〜39歳の方を対象とした無料の健康診断を開催している。例年それを受けていたのだが、今年度で40歳になるということで、遂にその対象から外れてしまったのだ。

40歳以降は別の健康診査になるのだそう…と言っても、診査項目は変わりない模様。無料でもあるし。それはそれで良いのか!?

で、ふと思ったのよ。

オイラ、1度くらいは「人間ドック」に挑戦しても良いのかな?って。このままの人生だと、オイラが腰を上げない限りは受診出来ないからね。費用はかかるけど、分かる事柄は健康診査よりもはるかに多い。

微々たる額でも自治体の助成金もあるらしいし。

で、オイラが人間ドックを…と思ったのには2つ理由がある。1つはまとまった日程で一気に検査を終えたいから。健康診査とは別にガン検診があるけど、全部受けようってなったら飛び飛びで4・5日かかる。

これって結構大変だと思うよ。日程調整も結構難儀しそう。勿論、日々の管理がしっかりなされていれば、いつ受けようが何も気にすることは無いんだろうけど。

で、もう1つの理由…オイラならではだけどね、

バリウムを飲めるかどうか分からない

…聞いた話なんだが、口に含みやすくするためにバリウムに味を付けているそうで、その中に「チョコレート味」もあるのだそうな。行った先でチョコ味のバリウムしか出なかったら、その時点で該当の検査はアウトだもん。

以前、相方さんが胃がん検診を受けた際には「バニラ味のを飲んだ…それしか出なかったけど」と言っていたが、事前に「バリウムは何味ですか?」って聞けるものかどうか…分からんなぁ。

カフェイン要素が無ければ、それで良いって話だけどね。

ただ、人間ドックだったら「内視鏡検査」が入る可能性は高い…ってか、バリウム検査だと見落としも結構あるとの話もある。「オエッ」「オウッ」となりながらも、内視鏡の方が安心かもなぁ。

…というのが、オイラの人間ドック希望理由。アホやなぁ、多分。

しかし、人間ドックの守備範囲の広さは流石。咳喘息で弱った肺機能や貧血具合もしっかり分かりそうだ。超音波検査とか受けたこと無いもんなぁ。

意外と「聴力検査」も気になるところだね…大人になったら中々やらないし。

そんな訳で今年度は人間ドックを…しかし、手持ちが余り芳しくない。結局、無料の健康診査にとどまる可能性が高いなぁ。健康診査もオイラが腰を上げないことには受けられないしなぁ。

オイラ自身に意外と欠陥が多発していたりするのかね!?

PAGE TOP