毎月25日は「プリンの日」ですってよ

NO IMAGE

大きけりゃイイ…ってもんでも無いような。

うん、大きけりゃイイってモンでも無いだろう。元々オイラはプリンがそこまで好きではない…が、チョコレートなどを摂れなくなった今となっては、貴重な贅沢おやつのひとつとなっている。

現時点で、オイラの中でのプリン第1位は、栄屋乳業(アンデイコ)の「こだわり極プリン」だな。手頃な量で安価でありながら、香料や着色料などは無添加。しっかりとした食べ応えがあるのだ。

そんな「プリン」の記念日が毎月25日だと言う。

制定したのは栄屋乳業…では無くて、オハヨー乳業だ。オハヨー乳業のプリンと言えば、焼プリンが思い出される。美味しい焼プリンの始まりは、オイラが生まれた1979年まで遡ると言う。詳しくはコチラから。

で、何故25日が「プリンの日」なのか?と言うと、「プリンを食べると思わずニッコリ」の「ニッコリ」と25の語呂合わせから来ている…と、一般社団法人 日本記念日協会の公式サイトは伝えている。

オハヨー乳業だから、ヨーグルトでもアイスでも良かったのでは…!? そこを「プリン」にした…焼プリンに限らず同社にとって、プリンに対して特別な思いがあるのでしょうなぁ。

「プリンを食べると思わずニッコリ」かぁ。

プリンが兎に角大好きって仰る方は結構多い気がする。ただ、プリンが兎に角嫌いと仰る方にも会ったことがある。好き嫌いが分かれるのかも知れないなぁ。

ただ、オイラがそうだったように、「これだ!!」と思うプリンに出会うと、案外食べられる場合もあったりするんだよなぁ。毎日食べたいとは思わないにせよ、食べたいと思う時があったりする。

アレルギーやトラウマなどが無ければ…ってことだろうか。

で、日本で「プリン」と言えば「カスタードプディング(custard pudding)」を指すのだろう。日本国内で「プディング」と呼ぶ方はいらっしゃるのかな? 「パンプディング」は「プディング」なんだけど。

やっぱり不思議だねー。

しっかり固さがあるもの、トロトロ感が強いもの、ゼラチンなどでプルンとしたもの…日本の「プリン」は様々あるなぁ。

ちなみにグリコの「プッチンプリン」は「世界で最も売れているプリン」として、ギネスブックに掲載されているそうな。この商品のコンセプトも「買った人も食べた人も笑顔にする」といったことが含まれているとか。

他社ではあるが「プリンを食べると思わずニッコリ」の考え方に合致するのね。なーるほど、なら25日を「プリンの日」にしても問題無いだろう。ただ、謂れを知らないと「何でやねん」ってなること間違い無いなぁ。

【地味な記念日カレンダー】
他にもこんな日があるよ。

1日
資格チャレンジの日
2日3日
くるみパンの日
4日
みたらしだんごの日 ※ 3日と5日も 
5日6日
手巻きロールケーキの日
7日
生パスタの日
※ 8日も
8日
信州地酒で乾杯の日
9日
パソコン検定の日
10日
Windows10の日
11日
おかあちゃん同盟の日
12日
育児の日
13日
お父さんの日
14日
15日16日
トロの日
17日
国産なす消費拡大の日
18日
防犯の日
19日
松坂牛の日
20日
発芽野菜の日
21日
お部屋カスタマイズの日
22日
カニカマの日 ※ 6月のみ「かにの日」
23日
不眠の日
24日
削り節の日
25日
プリンの日
26日
プルーンの日
27日
28日
29日
Piknikの日
30日
EPAの日
31日
菜の日