真面目な顔してババンバン バンバンババババババババン (ノシ´・ω・)ノシ

NO IMAGE

ここまでで何回「バ」が出たって話だわ。

正解は13個…と言っている場合じゃないか。プロレスで「ギブギブギブ…」と言いながら叩く、それを見てレフェリーが「ワン、ツー…」とタップする。このバンバン叩く様子には緊迫感がある。

まぁ、日常生活でプロレスのような事態ってのは中々無い訳だが、何かしら物をバンバン叩く場面ってあったりするもんだよなぁ。人や物を傷つけるものは許されないけど。

「バンバン」と言えば、このプロジェクトが思い出される。

日産自動車が提唱する「#猫バンバンプロジェクト」…特に冬場、車のエンジンルームやタイヤの間に入ってしまう猫が不慮の事故に遭わないよう、ボンネットを軽くバンバン叩いて猫を守ろうというもの。

「バンバン叩くだけでは逃げない」「強く叩いたら猫が驚いて動かなくなる」という意見もあるようなので、叩き方を派手にしすぎず、実際に目視して猫が本当に居ないことを確認するのが大事かも知れないね。

とは言え、このプロジェクトは大きな話題となり、ロゴデータも無料で多数配布された。Wikipediaにも「猫バンバン」の項が出来たほどだ。英語では “knock knock cat”…叩くのは車のボンネットでひとつ。

そんな「#猫バンバンプロジェクト」に引っ掛けたか、日清食品は2018年3月に新たなプロジェクト「#キャベバンバン」を発表した。ロゴを見ると日清焼そばU.F.O.が…そう「キャベ」は「キャベツ」を指している。

湯切りの際にフタについてしまうキャベツ。フタと共にキャベツが捨てられるという不慮の事故を防ぐために、湯切り後のフタをバンバン叩いてキャベツを器に戻そうというものだ。

「キャベツは器の底に入れれば良い」「湯切りの際に流れ出る方が勿体無い」という意見もあるようなので、事前にキャベツが浮かびにくい状態にし、器をゆすりながら湯切りをしてバンバンとやるのが大事かも知れないね。

日産自動車と日清食品…似たような社名を持つからか、ロゴもサイトも何かよく似ておるぞ。英語では”knock knock cabbages”だそうな。食品ロスや野菜高騰が話題になったからこそ大事にしたいところだ。

バンバンと叩く…相撲を見ていると力士はお腹をバンバン叩いている。気合を入れるためと言われるが、十両以上となると、手に付いた塩を払う意味合いもあるそうだ。「お腹バンバン」は「塩バンバン」でもある。

気候が良くなると、布団をしっかり干したいところ。その際やるよね「布団バンバン」…オイラは手でやるけど、布団叩きでこれ見よがしにやる方もある。余りやりすぎると綿や羽が傷むそうなので程々に。

うん、まぁフツーだな、これ。

とは言え、バンバンと叩くことで上手くいくこともある。冒頭にもあるように、人や物を傷つけるものは許されないので、ちょっとした気遣いもしながら対応するのが1番だろうねぇ。

次はニッセン(Nissen)が何かやる?