カピカピにゃんこのやっぱり冬はつらいよ愚痴物語

NO IMAGE

今年の冬は厳しいねぇ。

立春も雨水(うすい)も過ぎたのだが、まだまだ寒い日が続く。ピーク時にはドカ雪もあったし、最低気温が-8℃になった日もあった。オイラにとっても、過去に例を見ない冬になったなぁ。

空気の乾燥もかなり進んで、20%台という日も結構あった。この地では珍しいことでも無いそうだが。そうなると、あちこちが「カユカユ」「カサカサ」…果ては「カピカピ」となる訳だ。

以前のブログより。こんなボディソープも使ったし。

こんなお薬が登板したこともあった。

実は現在、割と定期的にとある所に通っていまして、そこでは肌の状態を良くしておく必要があるのだ。通っている所については2019年以降のブログで取り上げることになると思うが。

肌の状態を良く…乾燥したらアカンという訳だ。

本当はその場所でも乾燥対策の品を扱っているのだが、これが困ったことに「チャ葉エキス」入り…通う日だけ使う分にはまだ大丈夫なのだが、連用するとオイラの身に異変が起きてしまう。

恐るべし、カフェインアレルギー。

それではマズいってことで、連用しても問題の無いものを探して行き着いた品がコチラ。結構オシャレなデザインでどこの商品か?と思ってしまうが、実は何とマツモトキヨシのPB商品だと言うのだ。

実際に作っているのはKUMANO COSMETICS(熊野油脂株式会社)だそうな。熊野油脂ならオイラも聞いたことがあるぞ。

matsukiyo弱酸性ボディミルク」は、ワセリンやシアバターなどの高保湿成分を配合し、弱酸性で年代を問わず使えるものとなっている。写真の無香料の他、香り付きの品もある。

これが意外と良かったのよね。サラッとした使い心地なので大丈夫かね?と思ったりもしたけど、これを使い始めて以降、通う先で肌の状態を褒められることが多くなったぞ。

ポンプ式なのでドバッと出ることは無いし、無香料でサッと使えるのもありがたい。お値段も400ml入りで498円(税込)だから経済的。こういった商品は意外と無いものなのよね。

PB商品だし…と甘く見ていたオイラを許してたもう。

詰め替え用があれば尚良しってところだろうけど、これに助けられた部分は結構大きい。冬場はこれで何とかなった。痒みが酷いところは流石にお薬の出番だけどね。

いよいよ季節は春へ…「三寒四温」の言葉通り、寒い日もそれなりにある。乾燥の時期はもう暫く続きそうだ。ダメージを広げなければ、この先も気分良くやっていけるのかな。

とは言え、もう厳しい寒さはご勘弁を。

PAGE TOP