まだまだ悩むよ名刺デザイン…でもこんなことがあると絞れてしまうわな

NO IMAGE

つまり、こういうことか。

先日、相方さんがとある会合に参加した。その際、首から提げるネームプレートを渡されたそうだが、中は何も入っておらず、自らの名刺を挿し込むことになっていたようだ。

相方さんの名刺は横長。オイラがほぼほぼデザインしたようなヤツだ。幸い、ネームプレートも横長名刺サイズだったので、そのまま自身の名刺を挿して使ったそうな。そのネームプレートは家に持ち帰られていた。

そこでオイラは思った。

名刺を持っていないもだけど、持っていても縦長名刺の参加者ってどうしたんだろうなぁ? 無理やり縦長に見せるようにしたのか、はたまた、字が寝てしまうのを割り切って使ったのか…気になるところだ。

オイラはかつて、印刷会社で校正の仕事をしたことがあるが、そこでも色々な名刺を見させていただいた。やっぱり横長が多いけど、縦長も需要があったんだよね。

横長を使う方は、例えば英語で交渉する仕事にあったり、紙面にメモやメッセージ欄を持っていたりしたね。URLやEメールアドレスを綺麗に配置したい方も横長を選んでいたように思う。

一方、縦長を使う方ってのは、その職場でもかなり重要な役職にあったり、横書きでないと決まらない文言が全く無かったりしていたかな。一般的に「お堅い」と言われる業種の方も多かった。

縦長だと縦書きと横書きの両パターンがあり得るんだけど、オイラが見てきた名刺は殆どが縦書き。横長は完全に横書き…縦書きで使う方って結構珍しいかも。

オモテ面は日本語で縦書き、裏面は英語で横書きって方もあったね。これだったら先のネームプレート問題でも何とか対応出来るか…ただ、英語を必要としない会合では浮いてしまう可能性も高いが。

参考までに、先日Twitter上で行った「好きなタイプの名刺」アンケートの結果…意外にも横長で縦書きにも票が入った…が、タテ長に紙を置くという意見が皆無。横長で横向きの圧勝だった。

  • タテ長でタテ書き 0%(0票)
  • タテ長で横書き 0%(0票)
  • 横長でタテ書き 10%(1票)
  • 横長で横書き 90%(9票)

オイラね…2017年から「そろそろ名刺を作らねば」と言っていながら今まで先延ばしにしている。で、その間に「縦長で縦書きも面白そう」とあれこれデザインを考えていた時期もあったのよね。

でも、あのネームプレートを見た時に「縦長はアカン」と思ったのよ。本当は好きなんだけどね。横長の方が自由度高く作れる(使える)のかねぇ?とも思った次第。

しかし、オイラは校正職を経験した身。どうしてもデザインがどうこう…の前に、文字が「読める」「分かる」「伝わる」を優先する。なので、すぐには出来ないんだよなぁ。

唯一デザインで決めていたのは、角を丸く切る加工をお願いすることかな。お堅い職業じゃない無いし、「角のない」というのを表したいってのもあって。角餅よりも丸餅派だし。あれもそういう言われがあるとか。

はて、オイラの名刺はいつ出来るのか…の前に、相方さんの名刺の作り直し作業が近々やって来そうだな。参ったなぁ…そこは自分でやって欲しいよなぁ。