【キャリカレアンバサダーの行動心理】4. いよいよ第1回添削問題だ かかってこい!!

【キャリカレアンバサダーの行動心理】4. いよいよ第1回添削問題だ かかってこい!!

いや、そんな大口を叩くものじゃないだろう。

通信講座のキャリアカレッジジャパン(以下: キャリカレ)より拝命した「キャリカレアンバサダー」…今回は「行動心理士資格指導講座」に挑戦しながら、様々な情報をお伝えしているところだ。

さて、本講座のテキストは4冊に渡る。今回は1冊のテキストを3回読むと決めており、ようやく1冊目の学習が終了した。縦書きなのでページは右から左へと進む。読む際には大きな声で読むことを継続した。

で、1回目、2回目、3回目では読み方を変えている。

まず、1回目は本文を大きな段落ごとで読み、そこで思い当たる事例や疑問を挙げながら内容を整理していった。もしそれが実体験としてあれば、より定着しやすいってことだ。

2回目も1回目のやり方を踏襲したが、専門用語や実際の事件や実験を調べることも加えた。そこにある文字面だけでハイハイと流してしまうと浅い理解になってしまうのでね。

3回目は要点をまとめたページ(実際には向かって左のページ)から読み、そこから本文をサッと読んで、まとめにあった箇所を抜き出して読んでいった。1回目や2回目よりも学習時間は短めになる。

で、3回読んでいくと、1回目で浮かんだ疑問が自ずと解けるケースが多く見られた。それでも納得行かない時には質問を投げかけることになるだろう。添削問題と共に提出するも良し、メールかFAXを送るも良し。

さて、今回のテキスト1は、序章プラス第1章から第5章とあったので、1日1章のペースで学習すれば18日で完了ってことになる。いよいよ、ここで添削問題の登場だ。

添削問題は郵送になるので、事前に切手を用意しておこう。添削問題の冊子に必要な切手の枚数と額面が記載されているので、まとめ買いもアリだろう。キャリカレで用意された封筒を間違えずに使おう。

で、添削問題はテキストを見ながらでも良いとある…が、全部テキストを見て解答欄を埋めるのはどうかね?と思う。やはり実力を知るなら、テキストを見ずにやるべきところだろう。

簿記みたいに、テキストを見たところで答えがそのまま出ることは無いものもあるけどね。満点を取ることよりも、どれだけ理解・把握出来ているかを見ることが大事だと思っている。

なので、分からないなら分からないで恐れず解くのみ。本試験までに調整すれば良いってことだ。

相変わらず字が汚いな…行動心理士じゃなくて「ペン字講座」にすべきだったか?…などと思いつつも、問題を解き進めていく。解答用紙を用意していた封筒に入れ、キャリカレさん、どうぞよしなにとポストへ。

以前受けた講座もそうだったが、キャリカレに解答用紙が到着すればメールが届くし、返送時期も大体で教えていただける。解答用紙はいつどの講座を見ても「血」と「熱」と「情」がこもった添削が入っている。

で、解答用紙が戻るまでの間、ボーッとするのではなく、テキスト2に進むことだって可能だ。テキスト2からはDVD学習が加わるので、今回のテキスト1とは進行方法は変わってくるだろう。

また楽しみになってきたぞ。

【お知らせ】

学びが人を助けたり、学びで自分を伸ばしたり…キャリアカレッジジャパンには誰かを幸せにする講座が充実。

『にゃんこの暮らしの手帖』をご覧の皆様限定「割引クーポンコード」で、オトクに学びのスタートをゼヒっ!!

クーポンコード: ambpevHw

※ コードの使い方はこちらのページをチェック
※ 一部対象外の講座があります。また、割引額は講座によって変わります。