毎月19日は「松坂牛の日」ですってよ

NO IMAGE

1度は食べてみたいもんだ。

「松坂牛」…正しい読み方は「まつざかうし」なんだそうな。高級な和牛の代表格とも言える松坂牛は、ステーキや焼肉、すき焼きは勿論のこと、モツ鍋やテールスープなどでもその美味しさを堪能出来るのだとか。

だから食べてみたいもんだって話にもなる訳で。

そんな松坂牛の記念日が毎月19日となっているのは何故か?って話だが、2002年8月19日に松坂牛の個体識別管理システムの運用が始まったことに由来しているのだそうな。

毎度毎度、一般社団法人 日本記念日協会のサイトは役に立つ。

で、更にそこから解説を見ていくと、記念日の申請を行ったのは千葉県にある株式会社やまとダイニングとのこと。同社オンラインショップを見ると、あー、美味しそうなお肉の写真がたくさん!!

当然ながらお値段もしっかりしたものだが、お客様の声を見ると「柔らかい」「甘みがある」「脂がさっぱりしている」などとあり、人気もしっかり出ている商品なんだと実感する次第だ。

ギフトとして利用される方も多いようだ。

しかし、松坂牛のお膝元は三重県だろうに、申請したところは千葉県…まぁ不思議ではあるが、専門店としてのプライドは感じられる。「松坂牛は美味しいから1度は食べてくださいな」という強い意気込みもね。

牛肉摂取量はここのところ増えている。

以前もお伝えした通り、オイラは結構ヤバめの貧血持ちでして、一般的な目線で見れば摂り過ぎと思える鉄分量を欠かさず摂取してやっと正常値に入る位の人間なのだ。勿論、医師の指示に従ってのもの。

で、食事である程度は摂取しようってことになるんだけど、その際に食べやすくて効率の良い食材ってのが「牛肉」なのよね。お値段を考えると切り落とし肉が主になりがちだが。

ただ、切り落とし肉でも、食べると食べないとでは違うように思う。毎日毎食ってのは無理なので、間隔を開けて口にしている。高級牛だと鉄分量が豊富になるとかあるのかね?

あれば気張ってでも頻繁に食べるかも知れないなぁ。

輸入自由化や狂牛病(BSE)問題などで苦境に立たされた日本の牛肉。TPP(環太平洋パートナーシップ協定)が本格的に発動したらどうなるやら。とは言え、良さがあっての日本の牛。そう簡単には負けないでしょうなぁ。

【地味な記念日カレンダー】
他にもこんな日があるよ。

1日
資格チャレンジの日
2日3日
くるみパンの日
4日
みたらしだんごの日 ※ 3日と5日も 
5日6日
手巻きロールケーキの日
7日
生パスタの日
※ 8日も
8日
信州地酒で乾杯の日
9日
パソコン検定の日
10日
Windows10の日
11日
おかあちゃん同盟の日
12日
育児の日
13日
お父さんの日
14日
15日16日
トロの日
17日
国産なす消費拡大の日
18日
防犯の日
19日
松坂牛の日
20日
発芽野菜の日
21日
お部屋カスタマイズの日
22日
カニカマの日 ※ 6月のみ「かにの日」
23日
不眠の日
24日
削り節の日
25日
プリンの日
26日
プルーンの日
27日
28日
29日
Piknikの日
30日
EPAの日
31日
菜の日