中華料理店と名乗っていながらメニューがどうにもこうにもな店もあるもので

そろそろ旧正月も近いですわね。

まぁそういう理由だからってことでは無いが、本日はオイラが暮らすエリアにある中華料理店のお話。「中華料理」とあるのだが、どうも違和感を感じるところがあるのだ。

いわゆる「食堂」みたいな感じだろう。ラーメンやチャーハンなど、手軽に食べられる料理が並ぶ。しかし、よく見るとカツ丼もあったりする。

先ほどの写真では上側が見切れているので、上側も…と目をやったら、オムライスがあったりする訳で。カツ丼もそうだが、オムライスも中華料理だったっけ?

オイラも何度か立ち寄ったことがあって、オムライスは食べたことがある。これがね…何故か美味しかったりするんだよなぁ。醤油ベースのラーメンよりも、こっちの方が良かったりして。

実際に店内で注文する様子を見てみると、オムライスって結構人気があるみたいなのよね。今流行りの「ふわとろ」とか「とろとろ」では無い、昔ながらの素朴なものなんだけどね。

子どもの頃にオムライスを食べる機会が皆無と言っても良かったオイラとしては、こういう品がありがたかったりする。難点は量の多さ。肉体労働者が多いエリアゆえではあるか。質より量といった店だ。

元々、オイラの好みではあるんだけど、この店だったら五目そばかたんめんが良いかな…塩ベースのものね。これまた量が多いんだけど。醤油ベースだったら肉うまにそばという具材多めのものだと食べやすいか。

しかし、この店は不思議だ。

上述の通り、カツ丼やオムライスはある。カレーライスもソースベースの焼きそばも。でも麻婆豆腐や回鍋肉(ホイコーロー)は無い。中華料理屋だよね? 何ちゅうラインナップや。

裏メニューで「カツカレー」があるって聞いた時には、ひっくり返りそうになったがな。とは言え、このエリアでは良心的な値段で展開しているので、昼時となると結構混み合ったりする。

そんな店をたった2人で切り盛りしているって凄いわ。しかも出前の依頼もある訳で、そうなると看板娘でもあるお母さん1人で切り盛りしているからなぁ。タフだよ、ホント。

でも、麻婆豆腐は欲しい。是非とも。

オイラの喉の調子が悪くなって以降は立ち寄ることが無くなってしまったが、今も変わらず営業中だ。久々にたんめん位は食べたいところだけどね。

LINEで送る
Pocket