小正月が過ぎたので、2018年の元日の話でもしよう

NO IMAGE

1月15日は小正月(こしょうがつ)…女正月(おんなしょうがつ)とも言うらしい

…正直なところ「ふぅ〜ん」としか言い様が無い。2018年の元日も結構慌ただしかったな。ただ、当日のブログにもあるように「月曜日」という感覚がしっかりある元日でもあった。

0時に合わせて「あけおめツイート」を予約。無事に投稿されたのを確認して就寝。各種SNSでのあけおめメッセもあったなぁ。起床は4時…相方よ、こんな日に朝起会に行く意味が分かんねー。

オイラもボチボチと準備をしつつ、『新春テレビ体操』も見届けた。元々おせち料理を予定する柄では無く、雑煮も程々に。暫くしたらポストに年賀状が届いた。

オイラが年賀状を投函した方全員からは、4日頃までに年賀状なりSNSのメッセなりが届いたのでひとまず安心。相方さんには10日を過ぎても年賀状が届く状況だった。

しかし参ったよなぁ…相方さん宛だけど、選挙区内の議員から年賀状が届いたんだわ。それも4通も。そもそも年賀状がアウトなんだけど、これ絶対にお年玉くじに当選して欲しいよなぁ。寄付行為で一発退場させたい。

どうやら相方さんの知人にも同様の年賀状が来ているようで、やっぱりくじに当選して欲しいところだわ。何考えてんだろうね、この議員たちは。

そうこうしていたら出かける時間に。相方さんの親類らと墓参…このタイミングでか?と思うのは毎年のこと。ただ、墓地に着くと、どこからかお囃子(はやし)の音が聞こえてきた。

オイラは見ることが出来なかったが、どうやら獅子舞が来ていたらしい。それを知った親類が「あー、獅子舞に頭をかじられると縁起がイイって言うよね」と話したのには凍りついたわ。

「かじられる」って、ちょっとしたスプラッター映画じゃないか。

その後、昼食もご一緒してから帰宅。相方さんは届いた年賀状への対応をしつつ、オイラは夕食のことを考えたりなんぞ。

まぁ、考えた結果が「岩下の新生姜の肉巻き」という…うん、正月らしさゼロだな。いいんだよ、それで。今や鉄板となった国技館秘伝のたれで仕上げて幸先の良い料理のスタートとなった。

世の正月から、かけ離れたところも多いかな。とは言え、その日だけを特別にしたところで何もかもがリセットされる訳じゃないからね。そう言う感覚があってこそのオイラだと思うわ。

もういくつ寝るとお正月…まだまだ先か。旧正月は気に留めないからねぇ。

PAGE TOP