ビットコインが高騰したら、おかしな所までもが熱狂しているようで

NO IMAGE

物凄く上がったもんだねぇ。

仮想通貨「ビットコイン」。半年前(2017年7月頃)は1ビットコインが30万円前後だったのが、2018年1月6日の時点では197万円ほどだと言うのだ。一時は225万円を超えることもあったとか。

そんなこともあってか、相方さんは知人から「ビットコインを買っておいた方が良いよ」なんて言われたらしい。「今買っておけば、後々で儲かるかも知れないよ」とも。

ただ、相方さんもオイラもそうだったのだが、外貨を持っていた経験があるので、価格変動リスクは懸念するところがある…ってか、ビットコインを買う余裕資金なんでござんせん。

マウントゴックスの事件も記憶にあるし。

でも、ビットコインに関心を持つ方はかなり熱狂しているように思う。ビックカメラなど、ビットコインが使える店も増えつつあるから、取引も活発になるんだろうねぇ。

そんな中、オイラが見て面白い…と言うか滑稽な事態が起きていた。それはYahoo!メールに届く迷惑メールだ。

これは2017年12月18日に撮影したスクリーンショット。その殆どがビットコインを含む仮想通貨に引っ掛けたものなのだ。Yahoo!メールは迷惑メールの温床と信じてやまないが、これでもかとこのネタで来ると笑えてくる。

これまでは、競馬や宝くじの必勝法とか、池上彰さんや林修さん、津田大介さんなどの著名人に引っ掛けた名前(池上明、林修一、津田大助など)が差出人になったものとか多かったのよね。

アダルトものは兎角鬱陶しい。

そういったものが一気に消えたのは、2017年12月17日にビットコインの最高値を付けたからだそうで、そこで迷惑メールが一気に仮想通貨ネタに変貌したようだ。

迷惑メールを送る皆様、考えることは一緒なのね。

今はある程度価格が落ちたからか、仮想通貨ネタの迷惑メールは減ってきたが、それでも完全に消えた訳では無いよなぁ。関心が高まっている現状の裏付けかねぇ?

いずれにせよ、うまい話には裏も罠もあるんだぞ。

ビットコインなど仮想通貨が普及すると、物の取引も変わるんだろうなぁ。単純なお買い物も変わってきそう。ただ、これが主流になるには相当な時間と納得できるものが無いと難しいだろうねぇ。