秋は散財の季節!? いつもお金は飛ぶばかり

あー、空からお金が降ってこないかなぁ?

先月(9月)もそうだったが、今月(10月)も何かお金が飛ぶペースが早い。接触事故があったとは言え、何か色々と物入りになっているような気がする。

一時は治まっていた相方さんに貸す金額も太くなってきているし。

ここで、オイラのスーパーの買い物の傾向を言うと、通う回数は多い一方で、1回に使う金額は少ないんだよね。何せ徒歩で行くので、オイラが持ち運べる限界ってのがある訳だ。

それがある意味で節約の機能を果たしているんだけどね。

店内でもカートは絶対に使わない。重さなり距離なりを自分の感覚として持ち続けることで、物の買いすぎやお金の使いすぎを防いでいたりする。それがやや機能していないのがここ最近の傾向ってことか。

物価の上昇もあるもんなぁ。先日はトマト・白ネギ・人参・椎茸・シメジを買ったのだが、これだけで1,000円を超えたのには青ざめた。トマトと白ネギだけで700円近く行ったもんなぁ。

あと、今すぐでは無いけどそう遠くない先に必要なものを見つけた場合に、その場で買ってしまうケースも続出中。高いものを掴むということは少ないものの、当初予定から外れるのでやっぱりお金は大きく飛ぶ。

長い目で見れば致し方無いとは言え…ねぇ。

こういう時に限って、家計簿をつけるのが億劫になる傾向にある。どこかしら現実を直視出来ていない可能性があるだろうなぁ。予算の中でやっているので大きく踏み越えることは無いにせよ。

しかし、スーパーでの買い物の傾向はヨシとして、それ以外の出費が予想外に来るケースがあるなぁ。接触事故については恐らく保険や共済が生きることになると思うが。

中でも不穏なものとして「瀕死家電」があるだろう。デジカメは騙し騙し使っているし、タブレットやWindowsのノートPCはOSのサポート終了が迫っていることが分かっているし。

これらは必ずどこかのタイミングで見繕う必要があるのだが、いずれもドーンとお金が飛ぶんだよなぁ。それがどうも今という感じになりつつあって怖い。「買い物の秋」なんて言葉があったかどうか知らんけど。

上手いこと行かないものだ。

今のところ家計が火の車…とまではなっていないものの、楽観視は出来ないね。オイラのセンスもどこかで鈍っているんだろうなぁ。今一度、表計算ソフトで付けている家計簿を見直してみようかね。

LINEで送る
Pocket