自転車マナーがオイラ史上最悪の町で起きた悲劇

いつか起きると思っていたんだ。

オイラが暮らすエリアでは自転車のマナーが非常に悪い。道が狭かったり、電柱や街路樹などが邪魔になったりなど走行しづらい道も多いのだが、歩道として確保された道を我が物顔で走る人の多いこと多いこと。

そういうところは自転車レーンがあるのにね。

以前、歩道を歩いて家に帰っていたら、自転車がオイラの買い物の荷物にぶつかってそのまま逃走したことがあった。幸い、オイラも荷物も無事だったけど、この先絶対にヤバい事故が起きると思った。

本当に起きた。

2018年10月2日(火)、オイラは1人で歩いてスーパーに向かっていた。10時過ぎに家を出て、5分位歩いたところだった。横断歩道を渡り、1段高くて割と広い歩道を歩いて南に向かっていた。

歩道の下(つまり車道)には狭いながらも自転車レーンがあり、マナーの良い人はそこを走る。しかし、歩道で自転車に乗る人も多く、見通しが良いのにヒヤッとする場面もこれまでに何回も経験していた。

で、とある会社を左手にして歩いていると、正面で自転車が走ってくるのが見えた。20代から30代前半くらいの女性1人で、そこまで飛ばしている訳では無いが、逆走だった。

何で歩道を走ってんだよ?と思いながらも、オイラはすれ違うだろう場所を考えて会社の敷地に寄るようにして自転車を避けようとした。自転車も余裕で通る位の空間を確保してやったつもりだった。

すると何を思ったのか、自転車はオイラを目掛けて曲がってきた。そして見事にオイラと激突。自転車のカゴがオイラの右腕に、前輪が左膝を直撃した。

オイラは倒れなかったものの、余りの痛みに「イテぇ〜!!」と叫んだ。すると女性は「ごめんなさい」と2・3度言って来たが、自転車を降りること無くオイラが通った道へと走り去ったのだ。

てっきりその女性の勤務先だと思ったけど、会社に入る訳では無かったのか。事故原因は自転車側の前方不注意かハンドル操作ミス。何だよ、あの女…と思いながらも、腕も足も動いたので、そのまま買い物へと。

その後、多方面で「その場で警察に通報して」と念押しされたのは言わずもがな。頭真っ白だったし、ケガの程度が軽いというのもあったなぁ。ただ、目撃者が居なかったので、あの場で通報しても捜査や立件は難しかったと思う。

泣き寝入りとまでは思わないにせよ、何だかなぁ…だわ。

今暮らす地に来てからずっと、兎に角歩きにくい道が多いと思っていた。仮にそれが「歩道」として確保されていても。道幅があるのに自転車が猛スピードや逆走という状態でやって来るのだ。

自転車が歩道の道幅いっぱいに走るケースもあるし、それがすれ違うところに出くわしたならば…ねぇ。これについては、後に事故の報告をした交番の警官も憂いていた。

以前暮らした場所や歩いて数分で行ける隣の市は非常に歩きやすいんだけどね。こういう言い方は良くないかも知れないが「民度」が出るんだろうなぁ。いっそうこの町が嫌いになったことは言わずもがな…だ。

LINEで送る
Pocket