敵に送ったアレなのか? オイラは手塩に掛けてこうしたぞ

全然減らないから参ったなぁ。

先日、とある方の香典返しで「塩」を軸としたギフトをいただいた。湿り気の強いもの、サラッとしたもの、ハーブや胡椒をブレンドしたものなど、様々なタイプの塩が入っていた。

これより前にも別の方から藻塩を貰っているし、それでなくてもオイラが買っていた塩もあるし…あー、どうしよう!? しかし「塩」ねぇ…お清めの塩なら良いのだが、まさか敵対視からとか?…まぁ、それならそれとしてだ。

そんな訳で、塩を買っても中々減らない。最後に買ったのはいつだったっけな?

塩を大量に使う方法ね…その昔であれば水戸泉(現 錦戸親方)や北桜(現 式秀親方)、今なら照強(てるつよし)や旭日松(あさひしょう)のように「ソルトシェイカー」で名を上げてみる…って、勿体無いわ、その使い方。

オイラは料理の際に塩を殆ど使わないもんで。リンゴを切った時に色止めに使うとか、ナスを切った時にアク抜きで使うとか、パスタを茹でる際にどういう理由か知らんけど使うとか…位なのよ、多く使う時ってのが。

これらのどこが多いんだ?って言われるかも知れないが。

このままだと塩ばかりがたまっていく…と困り果てていたある日、近所のスーパーで豚ロース肉のブロックを見かけた。アメリカ産で100gあたり79円と格安。300g位のものをお買い上げ。

そこで思い出したのよ。

「塩釜」を作ってみる…パーティーやバーベキューなどで魅せるタイプのアレ。一般的なのは鯛だろうけど、ブロック肉でも出来ると聞いたことがある。塩釜であれば大量の塩を惜しみ無く使えるだろう。

そんな訳で塩釜作りに挑戦

…と息巻いていたのに、この製作工程を見事に撮影し忘れるオイラ。塩釜を割る光景さえも押さえていない。いきなり切り分けた写真で申し訳ないが、こんな感じで出来るのだ。

いただいた塩のうち、湿り気のある塩(240g)、ハーブ&ソルト(25g)、ペッパー&ソルト(25g)を卵白(1個分)と一緒に合わせる。本当は卵白を泡立てるべきだが、手で捏ねるようにして合わせるでも問題無いようだ。

天板の上にクッキングシート(無ければアルミホイル)を敷き、1cmほどの厚さで肉の底面より少し大きめに塩を広げる。そこに肉を置き、残りの塩を隙間無く押さえるようにして包んでいく。

これを170℃のオーブンで40〜50分焼いていく。今回は豚肉なので、しっかりと火を通す必要があったが、魚や牛肉であればもう少し短い時間でも良いかも知れない。

ソースはバルサミコ酢(50ml)を半分になる位まで煮詰めたもの。バルサミコ酢も相方さんが買って以来長く置かれたものだったから、これを機に使い切ることが出来て良かった良かった。

今回は焼けた段階で塩釜にヒビが入っており、槌(トンカチ)が無くても中身を取り出すことが出来た。ヒビ無く焼けていれば、塩釜を割る楽しみもひとつの醍醐味だけどね。

見栄えの面では少々残念だったが、食べてみたらこれが美味しいのなんの。塩辛くも固くもならず、箸が止まらなかったね。一見、豪華な料理だけど、料理初心者でも挑戦出来ると思ったぞ。

尚、残った卵黄(1個分)は、全卵(1個分)と合わせ、味噌汁の具になりましたとさ。参考まで。

こうして、かなりの塩を消費することに成功したオイラだが、まだまだ塩は残っており、もう1回位は塩釜を作るべきかと思うほどだ。次回は何で作ろうかね? 余裕があったら牛肉で試したいねぇ。

LINEで送る
Pocket

味覚オンチはどっちだ? オイラの調整は上手くいくのやら!?

感受性が高まった…と言うのだろうか。

オイラは元来、朝食はご飯派なのだが、相方さんの意向にそってパン食のことが多い。パンとなれば多少なり付け合わせが必要で、ベーコンエッグやウインナーなどが食卓に並ぶ。

ベーコンエッグとウインナーが同時に並ぶことは無いけど。

で、先日もいつも通り、ウインナーを食卓に並べた。オイラは焼く派、相方さんは茹でる派と折り合わないので、少量の湯で茹でると同時に焼いていくという手法を取っている。

何も味付けをせずに調理して、食卓にあるウインナーをひと口。

「うわ、塩辛い!!」

思わず、コップに注いでいたルイボスティーを飲む次第。相方さんも同様に「塩辛い」と訴え、口直しにと他のものを急いで口に入れていた。

問題となったウインナーは過去に買ったことがあり、その時は塩辛さを訴えることは無かった。見た感じでは以前買った時からモデルチェンジがあったとは思えず、何でことになったのか…と不思議に思うばかり。

以前食べた時と変わったこと…あぁ、出汁の変化と調味料の見直しをしたんだった。出汁を自ら取るようになって以降、味噌汁に使う味噌の量は少なくなり、醤油も割と抑えられるようになった。

本みりんと料理酒(清酒)はこれまで通りの分量だが、以前はみりん風調味料(加塩)や料理酒(加塩)を使っていたので、食塩摂取量は大きく変化したと言える。

それ故、食塩に対する感受性が高くなったのだろう。何ら味付けしていないにも関わらず、ウインナーの塩辛さが真っ先に感じられたのだ。

今回のウインナーは比較的、容量が多いものだったので、残ったものは1回に使う量を食品用ラップで包んで冷凍保存している。それを1度、相方さんお好みの茹でる方式で提供したのだが…まだ塩辛かったなぁ。

そういう商品だったって言うのもあるかも知れないが…どうすれば塩辛さを抑えられるかい? ウインナー単独で出さずに、何かのメニューのいち食材として使うのが妥当なのかねぇ!?

朝はご飯に切り替えたい…早く…。

塩…オイラはラーメンも焼きそばも塩派なんだけど、普段の料理で塩をガンガン使うことは無いし、パフォーマンスとしての「塩ファサ〜」もしない。なので、塩は中々減らない調味料のひとつでもある。

リンゴの変色止めやパスタを茹でる時が塩を多く使うチャンスか。

そんな中「塩」でまたしてもとんでもないことが起きてしまった。このピンチをオイラはどう乗り切るか…続きは次回のブログにて。

LINEで送る
Pocket

続・意識高い系料理道!? 無理なくシフトチェンジしようじゃないの

さて、次はどこにテコ入れする?
ボチボチと始めていた「調味料の見直し」…煮干し(いりこ)や昆布から出汁を取るようになり始めたのを機に、折角だから調味料も良いものにして、普段の料理もグレードアップを図ろうと思った訳だ。

これまでに見直したのは酢と本みりん、それに味噌ですな。それぞれに共通することは「原材料がゴチャゴチャ入っていないこと」…新たに買った品は潔い位のものが多いですな。

その流れを受けて新たに買い直したのが「料理酒」と「醤油」である。料理酒は早いこと空になっていたのだが、醤油と一緒に使うケースが多いので、醤油が空になるタイミングを待って導入した。

今回買ったのは「日の出」ブランドで知られるキング醸造の「料理専用 米だけの酒」…本みりんよりも使う機会が多いので900mlをば。国産米100%で作られた食塩無添加の清酒。レジでは年齢確認画面が出たぞ。

アルコール度数が13.5度なので、開けた瞬間に酔ってしまいそうな深い香りが台所中に広がった。しかし、そんなアルコールのお陰で肉魚の臭みを消したり、肉質を柔らかくしたりと大変重宝している。

出汁を取る際に、水500mlに対して料理酒5ml(小さじ1杯)位加えてから火にかけると、出汁の色や香り、味にも深みが出てくる。アルコールは水よりも沸点が高いので、煮出している内にアルコール分は飛ぶぞ。

尚、米100%とあれば「純米酒」と呼びたくなるが、こう呼ぶには色々な規定があるようで、今回の品は該当しないとのこと。詳しいことはNPO法人 日本純米酒普及協会の説明ページをご覧いただこう。

続いて醤油は、ヤマサ醤油の「ヤマサ 特選有機しょうゆ」をば。知人からは「有機食材摂ってる?(= 摂った方が良いよ)」と言われていたが、今回の品を選んだ最大のポイントは「材料のシンプルさ」にある。

醤油の基本の材料は「大豆」「小麦」「塩」の3つ。しかし、よく店頭で見かける醤油の多くは「アルコール」や「脱脂加工大豆」などが加わっている。醤油にアルコール?と思ってしまうが、お手元の品にもある可能性が高いぞ。

今回の商品は大豆、小麦、塩のみで出来たもの。「特選有機」とある割には手が届きやすい価格もありがたかった。同じ500mlでもCMでよく見かける商品の方が高いと言うケースも間々あるぞ。

今回の醤油を最初に使ったのは、今が旬のサンマの刺身である。アルコールが入っていないからか、かなりまろやかな醤油だったなぁ。サンマの味をしっかりと活かしていた。

これまでと同じ分量をかけつゆや煮物などで使っても、塩やアルコールの舌にビリビリ来る感じはゼロ。ここまで明確に違いが分かったのも初めてである。あと、こういったパッケージで販売されるのも。

そんな訳で、かなりの材料が見直され、それぞれが良い方向に動いている。そうこうしていると味覚に変化が出たのだろう、思わぬ事態に見舞われたのだ。オイラだけでなく相方さんも。

これについては次回のブログで綴っていくことにしよう。

LINEで送る
Pocket