BRITAの美味しい水のコンセプトは”fill&enjoy”…ほぉ

買い替えないと…と思って、はや半年。

やっと新調したぞ、浄水ポット。現在の我が家は戸建てではあるんだが、水道管がかなり古いとの話。近隣の家では、2018年初めの大雪で水道管がやられて赤サビが混ざった水が出たと言っていたもんなぁ。

今回買ったのは、BRITA(ブリタ)の「ナヴェリア」…たまたまAmazonで見た際、1,980円(税込)に対して10%オフのクーポンが適用された。ありがたい限り。”fill&enjoy”って書いてあるぞ。

蛇口取付式や据え置き型は買い替え対象として考えなかった。台所の蛇口が既にシャワーヘッドになっているから。そんな訳で浄水ポットに行き着く訳だ。

実はオイラ、購入前にTwitter上でアンケートを行っていた。浄水ポットも様々なメーカーから出ているので、どれが良いのかな?と思って。しかし、結果は「その他」に集中…具体的にどこなんだろうか。

ただ、メーカー(ブランド名)を出した中では、ブリタが人気だった。分かる。オイラも元々ブリタユーザーで、あの水で炊いたご飯の美味しさに衝撃を受けた1人だもん。

かつてはこの品を使っていた。「アルーナ」…だよな、これ。2L浄水可能のもの。今でもお安く手に入るタイプですな。

しかし、買ってから7年近く経ってしまい、フタに年季を感じる訳で。

カートリッジの交換時期を知らせるメーターも電池切れ。

そんな訳で買い替えを…と思いつつ、中々腰が重い状態が続いた。今回の決め手は値段もだけど「冷蔵庫に入れられるサイズ」ってこと。浄水可能な容量は1.3Lと減ってしまったが、新しいって良いですなぁ。

いざ、冷蔵庫のドアポケットに入れようとしたら微妙に引っかかってしまったが、棚の部分を取り外せたお陰でスッと入るようになった。これで暑い日に冷たい水を飲めるし、台所に無造作に置くことも無くなるね。

カートリッジも新しくなった。今までは「MAXTRA(マクストラ)」という名前だったが、今は「MAXTRA+(マクストラプラス)」となっている。このカートリッジの販売チャンネルの多さも決め手になったな。

味や使いやすさは従来通り。容量が小さい分、水が無くなるのが早いと言えばそうなんだが、言い換えれば「水をちゃんと使い切っている」ということでもあるので、効率は良くなっただろうなぁ。

これでひと安心だわ、ホント。

オイラはマンション住まいが長かったので、浄水器なり浄水ポットなりは必需品だった。オイラのかつてのブログでも「そのままの水道水はアカン」と言われた経緯もあったもんなぁ。

それ故、戸建てに居る今も当たり前のように使っているのだが…やっぱり気をつけたいもん、水って生命の根幹でもあるからね。

LINEで送る
Pocket