期間限定「青いちゃんぽん」…このままだと幻になっちまいそうだ

それではここで問題です。

「赤い」と言えば「きつね」…ですよね。では「緑」は「たぬき」…そうですけど。では「黒い」だと「豚カレー」…なんですが、「青い」と来たらどうなるでしょうか?

正解は「ちゃんぽん」ですってよ。特定の動物では無いらしい。青いちゃんぽんか…「マルちゃん」のブランドでお馴染みの東洋水産の公式ページによると、アサリやホタテなど魚介の旨味を活かした商品なんだとか。

魚介…海…青…なるほどね。

で、この商品を3月中旬だったか、とあるスーパーで見つけたのよ。特に何の情報も無い中で。気にはなるものの、荷物が結構多いので、取り敢えず1個購入。オイラ用ってことで取り置いていた。

ちなみに、カップ麺を買い置く際、オイラはラーメンが多めで、たまに焼きそばが入るだろうか。西日本の人間ゆえ、東日本のうどんとそばはほぼ合わない。

一方、相方さんは焼きそばが多い。昔は味がイマイチでも大盛を好んで買っていた。カップのうどんやそばは買うことがあっても、ラーメンはほぼ買わない。

そんな訳で、暗黙の了解で青いちゃんぽんはオイラが食べるものとなっていた。色々とあって、買った当日も含め、食べる機会がズレにズレる感じだった。

そんなある日のこと。朝からオイラが遠出することになり、夕方頃に戻って来た。すると、相方さんが室内で昼食を摂った形跡が見られた。流し台を見て思わず叫んだ。

あ〜〜〜〜〜っ!!

オイラの青いちゃんぽんが食べられている…普段カップラーメンを食べないあの方が何故に!? これはかなりショックだったわ。

これはアレだ、世に言う「冷蔵庫のプリンを食べられた」並のショックなんだと思う。オイラ自身はプリンが死ぬほど好きって訳じゃないから、プリンでそうなった経験って無いんだけどね。

痛いわ、ホント。

それから暫くして相方さんが帰宅。「食べたな?」と問えば「ヤバい」って顔をしておった。まぁ、オイラがあの時に2個買ったり、早めに食べたりすれば良かっただけの話なんだけどね。

その翌日、相方さんが買い物に出ることになり、「青いちゃんぽんを買って来る」と言ったのだが、オイラが買った店も含め、どこにも見当たらないとの話。オイラも見つけ出せずに居る。あー、どんな味なんだろうか?

こうも見つからないとなれば、ネットで買うべきか否か…。

ちなみに「青いちゃんぽん」が出たタイミングで「黄色い博多ラーメン」も復刻販売されているんだそうな。この商品は昔、結構食べているなぁ。これは最初から見つかっていないんだよね。

青も黄色も期間限定…どこにあるんだろう。「身体に悪いのでは?」とか「率先して食べるもの?」とか言われそうだけど、やっぱり気になるのよね、ホント。

LINEで送る
Pocket