やっぱりe-TaxをGoogle Chromeで使おうとすると、何であれ労力を奪われるだけだ!!

どうしてこうも融通がきかないのか。

平成29(2017)年度の青色申告も何とか完了。あれほどまでに「労力のムダ」と言っていたのに、うっかりGoogle Chromeで作業を進めており、最後の最後で蹴躓いた。

幸い、その直前の作業で保存をかけており、改めてInternet Explorerを立ち上げて、保存したファイルを読み込ませたら瞬殺だった。住基カードの特例措置については問題無く対応出来た。

入力作業から完成までは2時間弱で終了。入力項目が少ないとは言え、初となる「セルフメディケーション税制」の手続きもあったりして、すんなり行かないところもあったなぁ。

まぁ、還付対象になるかな?と思ったけど、最終的には対象外に。消費税の納税対象にもならなかったけど。

しかしだね…ほぼ同じタイミングで相方さんも確定申告の準備をしていたのだが、あの方もGoogle Chromeで蹴躓いていたなぁ。「うわー、出来ねぇ」と叫ぶこと数度。

オイラは電子申請で行っているんだけど、相方さんは書類をプリントアウトして窓口に提出するっていうやり方を取っている。途中までは行程が同じとは言え…ねぇ。

オイラが蹴躓いたところってのは、最後にデータを送信する場面。相方さんにはそれが無い。でも蹴躓いた。聞けば、完成したデータを印刷しようとしたら全く動かないと。

相方さんも最後の最後で…ねぇ。

見事な弾かれっぷりに埒が明かないと見たか、オイラに助けを求めてきた。律儀に保存を5回位かけていたので、Internet Explorerを立ち上げ、最も新しい保存データを読み込ませたら瞬殺だった。

何なの、この国税庁のGoogle Chromeの嫌い方は。

しかしだねぇ…Google Chromeは兎も角、Windows10の標準ブラウザであるMicrosoft Edgeが使えないってのもおかしいわ。2018年よ、今。2015年にリリースされた物が未だに対象外って何なの?

MacはSafariだと使えるってあるけど、設定がかなり厄介で「上手く出来ない」っていう意見も結構見聞きする。なのでオイラも断念したよ。(写真は国税庁 平成29年度確定申告特集「e-Taxをご利用になる場合の事前準備」より)

仕方が無いから、WindowsPCも併用ってことになる訳で。どのみちマイナンバーカードの申請とICカードリーダーの買い換えが必須だから、同じタイミングで今のWindows7からWindows10にすることになるか。

あー、面倒くせー。

とは言え、添付書類の提出が要らず、期間内であれば曜日や時間帯を気にせず提出出来るのはありがたい。相方さんはあの後、添付書類の貼り付け作業で時間を食い、実際に提出したのは2日後だったもんなぁ。

しゃあない、e-Taxを使ったのが土曜日だったからね。

そんな訳で今の職業で居る限りは、青色申告なり確定申告なりを継続して行うことになる。何かもっとスムーズに出来るようになって欲しいよなぁ。期待は相当薄いけど。

LINEで送る
Pocket