あの日手渡された一冊には何を記録し記憶していくべきなのか?

急な話で動揺したよ。

2018年3月初めに、相方さんの知人で、オイラも1度だけお会いしたことのある方が亡くなられた。ここ暫くは病気療養中だったことも知らず、知らせを聞いた時には頭が真っ白になった。

後日行われたお通夜に相方さんが参列。大勢の参列者があったとのことで、その人柄が偲ばれるものとなったようだ。

その際、香典返しとしてカタログギフトが手渡されたようだ。しかし、これまで見てきたものとはかなり様相が違うものだった。ハードカバー仕様で、カタログにありがちな雑駁(ざっぱく)さが微塵も感じられない。

表紙をめくって事情が分かった。ページは全てクリアポケットになっていて、1面は2分割されている。そこに商品や利用方法など様々な案内の紙が挟まれている。

「お好きな商品をこの中から一点お選びください お選びいただいた後にはアルバムとしてお使いいただけます」

ハードカバー仕様だったのは、フォトアルバムとしての機能があったからだ。だから雑駁さが無い。選び終えた後も使えるというのは中々考えたものだ。

実は、今回亡くなられた方のパートナーの方が「写真」に関わる職業にある。また、息子さんも「写真」と関わりがある。どちらが選んだのかは分からないが、「らしい」「粋な」選択だったのには間違いない。

微笑ましくも悲しくなるじゃないか。

もっともカタログギフトなので、商品を1つ選ぶことに。少し時間はかかったが、商品の申し込みは完了した。残された冊子はカタログ部分を抜き取った後、アルバムとして使わせていただくことに。

改めて表紙を見てみた。

”Your kindness encouraged me.” (あなたの優しさが私を元気づけた)…オイラはあの方に何が出来ただろうか…そう考えると、1度しかお会い出来ず、お話も余り出来なかったことを本当に悔やむばかりだ。

むしろ、お会いした時はオイラが元気づけられたところがあったからなぁ。相方さんは何度かお会いしているのだが、やはり、表紙の一文を見てオイラと同じことを思っていたようだ。

早すぎだ、ホント…薄情だな、神とやらは。

ただ、ずっと悲しんでばかりいるのを望んでいるとは思えない。残された者は、心のどこかに留めておきつつ、日々を悔いなく生きることが大事なんだろうなぁ。

どうか安らかに…深謝。

LINEで送る
Pocket

ラジオ体操で五輪の気運醸成? だったらマジになってやろうぜって話

ラジオ体操をナメてかかってはいけませんぜ。

東京都では、2020年の東京オリンピック・パラリンピックへの気運醸成と、都民の健康増進を目的として、ラジオ体操を活用した「みんなでラジオ体操プロジェクト」を2020年までの間実施しているとのこと。

詳細はこちらのページをご覧いただくと良いが、まぁ、ラジオ体操で気運醸成というのは無理があるような。開会式や閉会式でやるって言うなら兎も角ね。

オリンピック開催期間にあたる2020年7月24日から9月6日までを重点期間と位置づけ、都内はもとより、広く全国にラジオ体操の実施を推進しているそうだが…そんなに知られていないんじゃないの?

事実、オイラも2018年3月28日に知ったし…プロジェクトのキックオフイベントは2017年7月だったそうだけど。

とは言え、プロジェクトはちゃーんと動いていますよ…ということで、東京2020組織委員会が実際にラジオ体操第一をしている動画が公開されている。まぁ、見て差し上げましょうか。

うわ、何これ、ちゃんと指導を受けていないでしょ? 最初っから間違えているやん。よくこの動画をアップしようと思ったな。室伏広治さんのアレは息抜き要素で差っ引いたとしても、これは酷い。

本来、息抜き要素も要らないとは思うけど。

気軽に出来るっていうことが「正しくやる」ってことと直結していないんだよなぁ。オイラも誤ったやり方を教えられており、『テレビ体操』を見ながら矯正をかけているところ。

オイラも身体が硬かったり、肩のハマりが悪かったりでお手本通りなパーフェクトさは無いけれど、幾ら何でもそれは無いわ…というのが動画を見ての感想だった。

で、他にはどういったところが賛同して動画を寄せているのかね…と見ていたら、オイラの地元・広島県のスポーツ選手や団体が登場する動画もあるようだ。湯崎英彦広島県知事も出演。

では見てみましょうか。

うわぁー、こっちも初っ端から全然ダメじゃないか。全体を見て、パラ卓球の2選手と自転車ロードレースのヴィクトワール広島の皆様が辛うじて合格点かな?という位で、あとは思いっきり間違えておるなぁ。

これでオリンピックとパラリンピックの気運醸成が叶うって…んな訳無いだろ。全国のラジオ体操動画が集まっているページも、ラジオ体操をマジになって続けている方からすれば惨状が予想される。

しかし、複数の動画を見て「椅子バージョン」が見受けられないのは何故なんだろうねぇ? もの凄く「壁」を感じるのだけど。

正しいラジオ体操については本人だけでなく、学校の体育教師にも責任があると思う。今思い返しても嘘のやり方だったもん、教えられたのは。それで居て「居残りテスト」とかあった訳で。

なので、体育の教員採用試験には是非ともラジオ体操を加えていただきたい。ラジオ体操を見たら、その教員の資質が分かるという…ね。

ラジオ体操って気軽に出来る…と見せかけて、実は奥が深いのよ。それ故、オイラ自身も反省したりマジになったり。今一度、その存在意義を考えるべきかも知れないね。

LINEで送る
Pocket

遂に新人さん登場!! 2018年度の『テレビ体操』はピアノが変わるのだ

やっぱり、この方のピアノが好きなんですよ。

『テレビ体操』や『ラジオ体操』などでピアノ伴奏を務められている名川太郎さん。病気療養期間もあったが、1991年から出演中。名川さんのピアノは、他のピアニストには無いものがあるのよね。

体操の伴奏のイメージで、明るくて跳ねるようなテンポってのがあると思うのだが、名川さんはマイナーコードも結構使うし、美しくドラマティックな展開も多い。曲が完結しないケースもあったりしてね。

ハ長調(ドの音が基準で、コードで言えばC)の曲なのに、終わりの音がレでコードはG7…みたいなことも結構あって「もうちょっと続きを聴かせてよ」と思うこともしばしば。

だから、ついピアノの音に聴き入ってしまうのよね。調子が悪かったり忙しかったりで体操が出来ない時も、敢えて番組を付けてBGMのように聴いたものだ。

ピアノをドラマティックに弾く一方で、名川さんご自身は控え目だ。「ピアノ名川太郎さん」と紹介された後に弾く音は3つだけ。1年で唯一喋る機会がある『新春テレビ体操』で「はい」しか言わなかったという伝説もある。

そのバランスも絶妙だなぁ。

2017年度まで、この番組の男性ピアニストは名川さんだけだったが、2018年度からは新たに能條貴大さんが加わることが発表されている。6時台での初登場は2018年4月2日だ。

能條さんの詳しいことは所属事務所公式ページや、後日アップされるNHKテレビ・ラジオ体操公式ページを見るのが良いと思うが、数多くのコンクールで受賞し、コンサートにも数多く出演されている模様。

「能條」という苗字も珍しいので忘れないだろうなぁ。

2016年に指導者として鈴木大輔さんが加わった時と同様に「若い先生が来た」と賑わうだろうと思う。名川さんとは異なる魅力を持つ方だろうねぇ。是非とも長く頑張っていただきたいものだ。

2018年3月28日時点の情報だと、2018年度の『テレビ体操』のピアニストは名川さん、能條さん、それに幅しげみさんと加藤由美子さんという4人体制になりそうだ。5人以上ってことは無いと思うけど。

また、2018年度の指導者は変更ナシ。アシスタントは2018年3月28日現在、6名中5名の残留が確定している。新人さんが加入するかどうかは、4月(と言うか新年度)に入らないと分からない。

入れ替わりが色々とありながらも、実に息の長い番組だ。『ラジオ体操』は2018年で放送開始90周年を迎えるとのこと。これからも、新しい流れを取り入れながら、古き良きものを伝えていくのだろうなぁ。

【追記】2018.04.02 08:05
2018年4月2日より、能條貴大(のうじょう たかひろ)さん登場。6時台は当面、月曜のみの登場とのこと。名川さんと加藤さんの良いところを併せ持った演奏で、すぐに気に入った。

また、アシスタントについては、現時点で増員があるかどうかは不明だが、2017年度メンバーの全員残留は確定している。ピアノ・指導者共に卒業(勇退)ナシっていうのは珍しいかも。

【追記2】2018.04.02 14:10
NHKテレビ・ラジオ体操公式ページが更新され、能條さん以外のメンバーチェンジが無いことを確認。アシスタントは2017年度同様、6人体制となる。

【追記3】2018.05.14 13:45
能條さんが所属していた事務所(及川音楽事務所)の公式サイトから、能條さんの名前が外れた模様。よって、該当のページのリンクを外したが、その後、所属がどうなったかは不明。

LINEで送る
Pocket