2018年 オイラの確定申告は何かと節目を迎えるアレですな

喜んでやるのは「還付申告」の方くらいじゃないの?

平成29年度(2017年度)の確定申告は荒れそうだねぇ。青色申告などもそう。「納税」が発生するケースだと大ブーイングな事態が起きているもんねぇ。そりゃそうだ、あの体たらくだもん。

2月16日から始まった確定申告。還付申告は同1日開始だったかな。期限は3月15日まで。オイラも対象者なので、忘れずにやらないとね。勿論、e-TAXにて。

ここ数年は特に目立ったものも無く来ていたのだが、今回の申告では「セルフメディケーション税制」の対象となるため、医療費控除が関わってくる。ある意味で「還付」の方に入るのか。

やらん訳にはいかんな。

で、セルフメディケーション税制もだが、オイラにはもう1つ大きなポイントがあって、住基カードの特例措置が今回で終了ってことになるんだよなぁ。次回からはマイナンバーカードで申告だわ。

そうなると、手持ちのICカードリーダーも今回で御役御免になる。もっと言うと、申告に使っているのがWindows7のノートPCなので、それも買い替えの時が近づいている。サポートは2020年1月までだったか。

あー、何でMacで素直に申告出来ないんだろ? Windows10大嫌いなのに。

とは言っても、e-TAXって融通が利かないアレだから、Windows10は持つことになるのだろう。但し、使うのは年間で最大5日ほど。そうなると、ハイスペックモデルは要らんわね。

e-TAXと「筆まめ」が使えりゃ、それで良くってよ。ドン・キホーテのPCくらいのスペックで事が足りれば良いのだけど。

そんな訳で、今回の申告が終了し次第、あれこれ揃えないといけないものが続出ってことになる。一応、今使っているMacbookProに何かがあった時用に積み立てているお金があるので、そこで対応することになろう。

お陰様でMacbookProが結構元気なものでね。

あ、そうだ、今回は7回目の青色申告だ。と言うことは、次回の申告をする頃には初回の申告に必要な書類は処分の対象になるんだわ!! 7年保管の対象から外れるもんね。

まぁ、火の車で経営者としてはクズなアレだけど、よく屋号を7年絶やさなかったな…とも思っている。変に深く考えなかったから維持出来ているのかも知れないね。

確定申告…今回はお金の動き自体がそんなに派手じゃなかったので、比較的早く解決すると思う。後でネチネチ言われないように、手堅くやっておこうかね。

LINEで送る
Pocket

ハンパな容量のボディソープが実は物凄く要領が良かったってね

なるほど、そういう使い方もあるわなぁ。

2017年11月のこと。とあるドラッグストアの見切り品コーナーで、これらの商品を見つけた。竹内結子さんがイメージキャラクターを務めている、クラシエの「ラメランス ボディウォッシュ」だ。

ただ、この商品自体は2018年2月現在も販売中である。たまたま、この店での取り扱いを終えるってことだったのかもね。しかし、このパッケージ…よく考えたよなぁ。

実は今回の商品、約7回分使える「お試しサイズ」だったのだ。ボディソープ(ボディウォッシュ)のお試し版と言うと、1回使い切り型のものとか、小さなボトルに入ったものとかが主流だもんねぇ。

それが、この形状だと「コンパクトなのに容量がたっぷり」というありがたいものに。「1回試しただけでは実感出来ないものを確認する」という面で考えても、ナイスじゃないの。

そんなこともあって、2017年12月の帰省の際には、この品を1つ持って行ったのよね。7泊8日だったので、最終日で上手いこと使い切れた。1回使い切り型を何個も持って出るよりも安価だし効率も良いわなぁ。

あの時の旅に持って出たのは「アクアティックホワイトフローラルの香り」。贅沢で上品な香りだけど、しつこさは無かったなぁ。

商品のウリでもある「風呂上がりの保湿ケアが全く要らない」という意見には流石に不安で乗らなかったけど、「風呂上がりにすぐケアをしないと」という焦りは無かったなぁ。

もう1つの「プレシャスローズブーケの香り」は今後の長期旅行のために取り置き。こちらも香りが良さそうだなぁ。どちらの商品も、オイラにとってマズい成分が無さそうなのでひと安心。

旅先のボディソープって怖くて使えないケースがあるのよね。

ボディソープに限らず、シャンプーやコンディショナーなどもそうなんだけどね。材料が全く見えないケースがある。オイラが旅でよく利用するホテルは、その手の情報が全く分からないんだよなぁ。

なので、危ないと思う商品はオイラ側で用意する。持参することもあれば、現地調達にすることもある。持参するとなれば、あまりかさばっては困るので、コンパクトに対応出来る方がありがたいって訳だ。

今回の商品は正解だったなぁ。見切りで1点54円…見切りじゃなくても1点108円(いずれも税込)くらいだったから、負担にはならなかったね。

長期旅行か…遅くても12月には、やることになりそうだ。でも、早めに出たい気もするわなぁ。短期旅行なら散発的にあるけど…ってか、今、その道中なんだけど。

LINEで送る
Pocket

カピカピにゃんこのやっぱり冬はつらいよ愚痴物語

今年の冬は厳しいねぇ。

立春も雨水(うすい)も過ぎたのだが、まだまだ寒い日が続く。ピーク時にはドカ雪もあったし、最低気温が-8℃になった日もあった。オイラにとっても、過去に例を見ない冬になったなぁ。

空気の乾燥もかなり進んで、20%台という日も結構あった。この地では珍しいことでも無いそうだが。そうなると、あちこちが「カユカユ」「カサカサ」…果ては「カピカピ」となる訳だ。

以前のブログより。こんなボディソープも使ったし。

こんなお薬が登板したこともあった。

実は現在、割と定期的にとある所に通っていまして、そこでは肌の状態を良くしておく必要があるのだ。通っている所については2019年以降のブログで取り上げることになると思うが。

肌の状態を良く…乾燥したらアカンという訳だ。

本当はその場所でも乾燥対策の品を扱っているのだが、これが困ったことに「チャ葉エキス」入り…通う日だけ使う分にはまだ大丈夫なのだが、連用するとオイラの身に異変が起きてしまう。

恐るべし、カフェインアレルギー。

それではマズいってことで、連用しても問題の無いものを探して行き着いた品がコチラ。結構オシャレなデザインでどこの商品か?と思ってしまうが、実は何とマツモトキヨシのPB商品だと言うのだ。

実際に作っているのはKUMANO COSMETICS(熊野油脂株式会社)だそうな。熊野油脂ならオイラも聞いたことがあるぞ。

matsukiyo弱酸性ボディミルク」は、ワセリンやシアバターなどの高保湿成分を配合し、弱酸性で年代を問わず使えるものとなっている。写真の無香料の他、香り付きの品もある。

これが意外と良かったのよね。サラッとした使い心地なので大丈夫かね?と思ったりもしたけど、これを使い始めて以降、通う先で肌の状態を褒められることが多くなったぞ。

ポンプ式なのでドバッと出ることは無いし、無香料でサッと使えるのもありがたい。お値段も400ml入りで498円(税込)だから経済的。こういった商品は意外と無いものなのよね。

PB商品だし…と甘く見ていたオイラを許してたもう。

詰め替え用があれば尚良しってところだろうけど、これに助けられた部分は結構大きい。冬場はこれで何とかなった。痒みが酷いところは流石にお薬の出番だけどね。

いよいよ季節は春へ…「三寒四温」の言葉通り、寒い日もそれなりにある。乾燥の時期はもう暫く続きそうだ。ダメージを広げなければ、この先も気分良くやっていけるのかな。

とは言え、もう厳しい寒さはご勘弁を。

LINEで送る
Pocket