髪を切った、そうだ、証明写真を撮りに行こう

髪を切った、そうだ、証明写真を撮りに行こう

美容院に行く…ってことはよ、

証明写真を撮るベストタイミングがやって来たって訳だ。特に今回は20cm位ザックーンと切ったので、大幅な見た目の変化がある。2018年頭に、ある認定証の写真変更を行うってのもあるんだよなぁ。

で、いつもなら街頭にある照明写真撮影マシーン(って言うのか?)を使うのだが、今回は敢えてプロに撮っていただくことにした。カメラ屋さんに行って、人の手で撮影して貰いましょ。

そんな訳で広島のカメラ屋さん…真っ先に思い出されるのはサエダだな。こちらの証明写真は、わざとでは無い美肌修正があったり、CD-Rを頂けたりがありがたい。勿論、希望のサイズでカットもして貰える。

撮影は3回。その中でベストな写真を選べるぞ。

これがCD-R…焼き増しを希望する際もだが、デジタルデータで使う時にも役立つだろう。この中に、現像して指定のサイズにカットされた証明写真が4枚入っている。

しかし、撮っていただいた写真を見て「うーん」ってなるところもあった。元々、左右の眉の位置がズレているので、顔が相当歪んだ人に見えるんだよなぁ。今回に限ったことでは無いんだが。

あと、オイラが元々「化粧っ気」が無い人間なもんで、ノッペリとした顔にも見えたんだよなぁ。色味が無いから下手すりゃご病気?って感じにも見えなく無いんだわ。

これについては後日、ちょっとした対策を踏むことにした。勿論、完成した写真をどうこうするってのは出来ないけど、今後の写真撮影に役立つのではないかと思っている。

しかし、わざとでは無い美肌補正のお陰で、目の下のクマや肌の疲れはかなり抑えられている。そこはかなりプラスに働いている。今後も街頭のマシーンじゃなくて、プロの手にお願いしようじゃないか。

オイラが鏡で見る顔と写真の顔って違うんだよなぁ。鏡で見れば逆向きだから当然っちゃ当然か。ただ、そこに差が出過ぎるのはどうかね?とも思っている。普段から気をつけないといけないのかな。

カメラ写りを良くするって難しいね。

PAGE TOP