続・これ年齢が…って思っていても、気が付けば合う年齢になっていてね

NO IMAGE

内側から暖かくなるように努めましょう

…って、よく耳にする話だし、オイラもそう言っていたりするんだけど、これが中々難しいのよ。それは年齢を重ねると一層…ね。

身体を温める食材を摂ったり、簡単な運動でも続けてみたり…それでも持続的に暖かいって訳でも無く、状況次第ではキンキンに冷えることもある。2017年は寒暖差が凄いからもう大変。

そうなると服で何とかしたい…ってことになるだろう。特に機能的なインナーは大きな役割を持ってくる。オイラも色々と試してみたわ、ホント。

ただね、このようなインナーって思いの外寿命が短かったりするんだよなぁ。素材が関係するのだろうか? なので、毎年何かしら買っている。2017年も例に漏れず買っている。

2017年はこれだ。

あー、遂にこういう商品に手を出したか。「若向きじゃないだろ!!」ってな声も聞こえそうだが、やっぱり実を取ったよ。今回は通販大手セシールの「リップルインナー(8分袖 襟ぐり広め)」をば。

これを選んだのには理由がある。2017年に買ったある2つの商品がカギとなる。

1つはこれ。

もう1つはこれ。留さんの上にかかっているモノね。

そう、これらは二重ガーゼ(ダブルガーゼ)だ。ガーゼそのものは薄い生地だが、2枚重ねることで空気の層が出来て暖かくなる。どちらも12月に入った今でも活躍している。

「リップル」という語自体は「さざ波」という意味で、この波打った「しぼ」が最大の特徴だ。今回のインナーは綿とナイロンの2枚重ねで、二重ガーゼ同様に空気の層が出来ていて暖かいという訳だ。

しぼが空気をためていると言っても良いだろう。

近年の機能性インナーを思うと厚手だが、伸びが良く、着心地は軽い。日本製っていうのもあって、20年以上の愛用者もいらっしゃるのだとか。そんな訳で今回はオイラも迷わずお買い上げ。

まぁ…デザインと色で年齢を感じてしまう方もあると思うが、「人に見せるんじゃないわい」「無理して着ずに風邪を引くのはゴメンだ」ってお話すれば、ご納得いただける…かね!?

本当はSサイズが良いんだけど、Mサイズからってことでやむなくそれに。個人的には上腕がゆったりしている感じか。タイトめのトップスを着る時にはチト難しさを感じるかも知れない。

ただ、伸びの良さがあるので、無理なくピタッとフィットするところも結構あったりする。そして、暖かさは確かなものだ。そんな訳で、今回の旅でご活躍願うこととなった。

旅先の気候って中々読めないから…ね。

尚、Sサイズから展開するものもあるが、それだと襟ぐりが狭いので、着る服によっては外に見えてしまうこともある。手持ちのトップスを考えて今回は却下となった。

とは言え、これも中々良かったかな。今後のサイズと色展開に期待しよう。しかし、オイラもこういう服を着るようになったんだなぁ…って、余り深く考えない方が良いのかな!?

PAGE TOP