安すぎて怖い!? ドン・キホーテの2万円ノートPCってオイラから見ればね

NO IMAGE

「驚安の殿堂」とは言うけどね。

2017年11月27日のこと。ディスカウントストアのドン・キホーテが同12月1日より「市場最安値」となる19,800円(税抜)のノートパソコンを販売すると発表した。プレスリリース(PDF)も同日付で出ている。

商品名は「MUGA ストイックPC」で、その名の通り、昨日をストイックに極限まで削った商品となっている。Office互換ソフト以外は特にインストールされているものは無い。

メモリが2GB(増設・変更不可)、ストレージがeMMCで32GBとあるなど、削りに削ったなぁ…っていう印象もあるのだが、フルHD画面にIPSパネルを搭載したマシンでこの値段は驚くばかりだ。

これね…正直言うと、初心者が買うPCでは無いと思う。ただ、メインで何かしらのマシンがあって、サブで1台欲しいって方には向いているかも知れないね。

そこで、オイラの現状を重ねてみよう。

【メイン: Macbook Pro】
◉ OS: MacOS High Sierra
◉ 用途: ブラウジング(動画閲覧を含む)、メール、文書作成、表計算、イラスト作成、写真加工 など
◉ 使用日数:3日に2日の割合くらいか?

【サブ: ASUS ノートPC】
◉ OS: Windows7
◉ 用途: Macには対応しないページのブラウジング(動画閲覧ナシ)、宛名印刷
◉ 使用日数: 年に3日〜5日程度

こうして考えてみると、今回のストイックPCってオイラには合っていそうだな。サブのって用途が軽度かつ使用頻度が異様に少ない。Windows7のサポート切れを前に買い換え…という対象にもなりそうだ。

以前から綴っている通り、オイラはWindows10が大嫌い。Windows10が…と言うよりMicrosoftがね。でも、用途の都合上、Windowsマシンを持たざるを得ない状況が続いている。

嫌いなWindows10のために高額を支払うのも馬鹿馬鹿しいし、ハイスペックマシンも必要無い。そうなれば、今回のストイックPCが一気に買い換え第1候補になってくるのだ。

ちなみにMacには対応しないページの最たるものはe-Taxだな。他にも用途があるとは言え、これのためにWindowsマシンを持っているって言っても過言では無いもんなぁ。

宛名印刷も多数にならないし、雑で良ければ手書きでも…ってところだもん。ただ、既に購入された方の話を見聞きすると、評価は余り宜しく無いようで。当たり外れが激しいようにも見える。

そんな話を友人や相方さんなどにしていたのだが、相方さんは何を思ったのか、所属する団体がPCを入れ替えるのにストイックPCを使えばイイんじゃないの?と言い出した…それは無謀だ、やめとけ。

いずれにせよ、買うとなったらお金と旧PCからのデータ移行(保存)が必要になってくる。いきなり買って失敗した…ってならぬよう、事前に準備をしておかないとね。

PAGE TOP