相方さん倒れる 突然の事態にオイラはどうすれば…。

NO IMAGE

いやぁ、ホント参った。

先日、相方さんが昼食を食べるために仕事場から戻って来た。昼食と言っても、その日の朝にオイラが作って持たせていたサンドイッチだ。次の用事があると言って急いで食べて再び外出。

ところがそれから4時間ほど経ってオイラのケータイが鳴った。「腹が痛くて…今から家に帰る」と相方さん。その後も本当は用事があったのだが、大事を取って全てキャンセルに。

オイラは昼に食べたサンドイッチで食中毒を起こしたのか?と思い、これはマズいことをしたと思っていたが、戻って来た本人の話を聞くと、どうもそういう訳では無いようだった。

ただ、外出先の気温の差がありすぎて、冷えた途端に胃に来てしまったと話していた。アロマテラピーで応急処置をしたものの、これで十分だとは到底思えなかったので、近所のかかりつけ医の所に行くように勧めた。

本人は自力で行けると言い、オイラの付き添いを拒否。何とか無事に行って帰り、薬も手にしていた。

診断の結果は「急性胃腸炎の疑い」。

アロマテラピーを施している際、寒暖の差や多忙によるストレスもあるのでは?とオイラは尋ねていた。本人は「それは無い」と言い張ったけど、かかりつけ医も同様のことを話したそうで、そういうものかと不思議そうにしていた。

いやいや、不思議でも何でも無いわよ。

で、そうなると食べるものには十分気をつける必要が出てきた。数日は柔らかめに茹でたうどんや雑炊などで対応し、噛む回数を上げるようにさせた。また、当面は胃の刺激になるカフェインは禁止とした。

出来る限り安静に務めさせ、薬の効果も相まって、3日ほどで仕事に支障をきたさない程度に戻ったと話していた。ただ、空腹になると胃の痛みが出ることもあると話していた。

普段、薬にも病院にも縁が無いほど健康体の相方さん…崩れる時はかなり派手に崩れるんだよなぁ。これを機に生活習慣が改善されると良いんだけどね

…って思っていたら「デザートにポテトチップス食べたい」だ「ちょっとタバコ買いに行ってくる」だ、治す気は本当にあるのだろうか?という言動も間々見られる。オイラ、そういうのに対する責任は負わんぞ。

急性胃腸炎か…ウイルス性のものがよく言われるそうだが、今回はストレス性を疑われたなぁ。まぁ、あっけらかんとしていても、ストレスゼロで過ごすのって無理だと思うわ。

オイラも気をつけよう。

いよいよ寒くなって、風邪だインフルエンザだ…あれこれ病気の話が出る時期になってきた。寒いと愚痴る以外の症状が出ないようにしたいもんだなぁ。