ゆるキャラグランプリ2017 順位がまたエラいことになっておるが

NO IMAGE

やっぱりこの御方は強いわ。

広島県三原市にお住まいの「やっさだるマン」(推定450歳)。ゆるキャラグランプリ2017ではご当地ランキングで全国63位(14,060pt)を獲得。広島県ではダントツのトップとなった。

広島県内の強豪「はっさくん」や「ローラちゃん」が出場辞退したってのもあるが、過去のゆるキャラグランプリよりも順位を大幅に上げた。元々PR力が高いキャラなので、キャラとしての役割も認められたのだろう。

しかし、やっさだるマンって驚かされることが多い。今度は何と映画俳優デビューを果たすと言うのだ。2018年公開予定の映画はその名も『やっさだるマン』…映画の公式Webサイトや動画も完成しておるぞ。

次は何をやるつもりなんじゃ?

さて、オイラが注目(!?)している、広島県のゆるキャラの結果だが「すぱっくん」は企業・その他ランキングで89位(8,147pt)と健闘。

2017年から「ご当地」と「企業・その他」が分離したので一概に言えないところはあるが、意外と得票が伸びた感じがある。まだ冠番組は続いているのだろうか…!?

いきなりの登場でどうなるか?と思われた「モンモンレモンちゃん」は、初出場でご当地ランキング222位(2,630pt)を獲得。

Twitterの閑散っぷりや、投票終了後にLINEスタンプの発売開始など後手に回る面もあったが、まずまずの結果と言えよう。2018年以降も出場するとなれば、PR活動を積極的に行う必要もあろう。

さて、広島の注目キャラの次は、謎キャラの宝庫(!?)東京都府中市を見ておくことにしよう。まず、市公式キャラの「ふちゅこま」はご当地ランキングで145位(4,694pt)と、やっさだるマンに惨敗。

着ぐるみを増やしたり、Twitterで独自アカウントを作ったり、LINEスタンプを作ったり、事前および投票期間中の動きは活発だったかも知れないが、PR力は相変わらずだったな。

噂ではこの着ぐるみって1体90万円くらい。わざわざもう1体作って180万円ほどか。この噂が本当だとしてよ、府中市に寄せられた税金から捻出したとなれば、相当な無駄遣いってことにもなろう。

本当はこれも市の公式と言えるのに市からもゾンザイな扱いになっている「ひばピー」は、ご当地ランキングで216位(2,686pt)…モンモンレモンちゃんがすぐそこに迫っておるぞ。

ただ、そんな扱いになっていてもこれだけ票を集めたと考えたら、この子は案外評価されているってことになるのかな。でもやっぱり境遇は悲惨だわ。

民間キャラだが「くまじいとおくまちゃん」ってのも居る。こちらはご当地ランキングで591位(245pt)と言葉が出ない状況。

長年出場していてこれってどうだろう…「もう出場は止めておきな」って言われても仕方が無いね。出場するだけで何もしていないんだろうなぁ。

さて、ゆるキャラグランプリ2017は、ご当地ランキングでは「うなりくん」(805,328pt)、企業・その他ランキングでは「りそにゃ」(1,150,606pt)を獲得…凄いな、この得票数。

この投票ってのが結構大変なので、今回は投票活動を見送ったが、それぞれのキャラに票が入るってことは、全体の参加度って結構高いんだろうなぁ。組織票もあると思うけど。

2018年以降はどうなることやら。一説には2020年で終了って話もあるなぁ。まぁ、当初の目的は果たされただろうし、コンテストの面を抜きにして独自で頑張れ…ってのもあるだろうなぁ。

今後、新たなキャラも登場すると思うが、常連キャラも多いのだろう。惰性で出場するってことの無いよう、そのキャラの役割を謳歌して欲しいもんだ。