インフルエンザワクチンが大ピンチ!? 話を聞くと確かにそうだわ

NO IMAGE

本当にヤバいことになっているんだなぁ。

2017/18シーズンは、インフルエンザ予防接種をしようにも、ワクチンが不足していると言う。現時点で飛び込みでの受診は、かなり厳しいことになっているようだ。

オイラはたまたま、かかりつけ医がインフルエンザの予約を始めた日に病院の前を通りかかり、そこでワクチン不足を知って、その場で予約をした。10月1日だったね、確か。

「11月中旬に受けると良いですよ」と看護師さんに言われたので、11月14日に受診した。ただ、予約済みであっても、事前にワクチンの有無を電話で確認して欲しいと言われていた。

ワクチンがあることを確認し、予診票に体温も書き込んだ上で病院へ。すぐに注射を打ってもらい、ひとまず安心ってところだ。

実はオイラが予約してすぐの頃、相方さんは「自分は(受けなくて)イイや」と言っていた。ところが、受診する時期が近づくにつれ「やっぱり受けとこうかな?」と言い出した。

で、オイラが受診した直後、看護師さんに聞いてみた。「今言われても遅い」とのこと。そりゃそうだ、この小さな病院だけでも1ヶ月ちょっとで予約が100件を超えたと言うのだから。

そう言えば、別件であろう、その日に病院を訪れたお婆さんも「あぁ、予約していないとダメなのね」と言っていたなぁ。例年だったら飛び込みで良かったのにね。

これはあくまでオイラが通った病院での話。他の医療機関では飛び込みでも受け付けられるケースもあるかも知れないが、その場合でも事前に確認する方が良さそうだな。

相方よ、自分で何とかしてくださいませ。

とは言え、様子見をしていた方もあるだろうから、現時点になってどうしよう?と思っている方も多いだろうなぁ。インフルエンザにかからないように過ごすのも大変だ。

勿論、予防接種を受けた方も、そこで安心しきってはダメだろうなぁ。

今回伺った病院では、12月以降にワクチンが入るとは思うが、それがどの程度になるか分からないともあった。今シーズンは事前に細かく動くことが大事になりそうだ。

PAGE TOP