続・「5本指ソックス履いてます」って言ったら一体何と返されるやら

NO IMAGE

毎年11月11日は「靴下の日」ですってよ

…って、今回のブログは「地味な記念日カレンダー」では無かった。以前綴ったブログの続編ってことでひとつ。何か人目に晒すのもどうかと思ってしまう婦人用の5本指靴下…探せばフツーのもあるのね。

オイラは元々、着圧ハイソックスを履いており、写真でご覧頂いているこのクルータイプの5本指靴下ってのが冬に耐えうるものなのか心配になっておった。生地や素材は申し分無いんだけどね。

これはチト考えものだ…と思っていたら、同じ店のしかも同じ売場に着圧5本指ハイソックスを発見。東大モトクロス…違った灯台下暗し。帯が2種類あって、どちらも1足399円(税込)とお安かった。

帯…こっちはアザラシだろうか。

こっちは眉毛犬…妙に引き込まれるんだが。

実は2つの商品とも、同じメーカーによるもの。素材や編み方、丈などに違いは見られない。恐らく、アザラシは春夏の、眉毛犬は秋冬のデザインってだけなんだと思う。

眉毛犬の方は取扱方法の記載が細かいって感じかねぇ。

黒の着圧ハイソックスってことで、指の部分はあれこれ思うかも知れないが、幅広い場面で使えるんじゃないかと思う。立ち仕事の際には特に役立ちそうだ。かかと付きでフィットしやすいぞ。

女子高生が制服とこれを合わせるってのは…どうかね、オイラは悪くないと思うんだが。ちなみにオイラが通った学校では白靴下と決まっていたのでダメなんだけどね。

実は「この靴下があれば冬は大丈夫だ」…と素直に言えないオイラが居る。ウールやアンゴラなどを使ったものとか裏がパイル地になっているものなどと比べると、暖かさで負けるよなぁ。

ただ、冬以外の季節でも使えると考えれば、むしろ優秀な商品かも知れないね。あとは耐久性かな。片一方だけが破れたり擦れたりしたら、もう一方も問答無用で処分になるのかねぇ。

とは言え、謎の柄や色使いではない婦人用5本指靴下があったことに安堵感。心置きなく履くことにしよう。ちょうど、今使っている5本指でない着圧ハイソックスが擦れて細かい毛玉が増えたもんだからね。

足首やふくらはぎはギュッと締めながら、足の指は楽々と…考えてみれば不思議な商品だなぁ。