理想の汁椀を探し求めて100円ショップに流れ着いた結果

NO IMAGE

中々「これ!!」という品が無かったのよね。

一見すると、どうってことの無い汁椀。しかし、ここにはオイラや相方さんの要望が色々と詰め込まれていた。

【オイラの要望】
◉ 電子レンジ対応
◉ そこそこ容量がある
◉ 値段がそこまで高くない

【相方さんの要望】
◉ 椀の内側が黒くない(出来れば赤が良い)
◉ 食器洗い乾燥機対応
◉ そこまで容量が大きくない
◉持ってそんなに重くない

…とまぁ、要望は割れるところがあるのよね。オイラが電子レンジ対応を望むのは、大量に作った時のことを考えてのこと。相方さんが食器洗い乾燥機対応を望むのは…改めて綴る必要は無いか。

オイラは「汁物 = 食べ物」なので、容量が大きいのが当たり前だと思っているけど、相方さんにとっては「汁物 = 飲み物」なので小ぶりで良いと言う。

汁物を食べ物と思っていれば、それなりに耐久性が欲しいから重い器も苦にならないけど、飲み物と思うとチト面倒だとも言われたな。具材によっては見えにくいから黒一色では困るなどとも。

無彩色が好きなんだけどなぁ。

そうなると、多少の妥協と言うか譲歩も必要になる訳だが、何もかもをそうする訳には行かない。やっとのことで見つけた品は、意外や意外、100円ショップのセリアにあったのだ。

会津塗でありながら、電子レンジにも食器洗い乾燥機にも対応している。結構締まった黒いお椀だが、上の写真でも分かるように内側は赤(朱色)。重すぎるとか軽すぎるとかいった印象は無い。

100円ショップの汁椀にしては容量はある方で、多少多めに作ってしまっても大丈夫そうな印象だ。

底面に貼ってあったシール。今回の購入の決め手は、電子レンジの目安の時間が3分以内と長かったこと。ダイソーやキャンドゥで売られている同様の汁椀だと1分半以内となっているケースが多い。

ただ、これまで使ってきた陶磁器でもそうだったが、1人前の汁物を温めるには1分半って短いんだよね。十分な温度にするとなれば、2分位はかかってしまう。

そう考えると、3分以内ってのは、オイラにとって合格点だ。しかも「600Wで」ってことなので、普段500Wで使用しているオイラとしては十分すぎる数字ってことになる。

とりあえず、3つ買ってきた。

相方さんの反応も上々で、ワカメやネギなどが張り付いた状態で使い終わったお椀を下げるってことが激減した。量も重さも特にどうこう言わない。

やれやれ、どうにか一件落着だ。

「会津塗」「漆器」とあるので、漆(うるし)に弱い方は注意すべきだが、結構便利なお椀では無いかと思う。しかし、100円ショップも侮れないよなぁ。

PAGE TOP