カピカピにゃんこの冬はつらいよ愚痴物語

NO IMAGE

湿度が30%台の日もあるのね。

11月…秋も深まると言うか、冬も近づいているんだろうねぇ…と思う今日この頃。2017年10月は台風と長雨に翻弄されたけど、そこを抜けると一気に西高東低の冬型の気圧配置に傾いた。

北風もぴーぷー吹いて、そら乾燥するって訳だ。

乾燥が進むと肌にテキメン来るのよね…と言うことで、9月の早い段階から、こちらのボディーソープを使っている。花王の「ニベア クリームケアボディウォッシュ イタリアンプレミアムハニーの香り」…名前長い。

テスターで嗅いだ時よりも甘ったるく感じるところもあるが、ハチミツのぽってりした印象がそのままボディーソープに変化したような感もある。ニベアクリームのノウハウが活かされた商品だとか。

しかし、そのような若向き(!?)な商品だけで事が足りる訳も無いようで。2016年から導入した「乾皮症」用の塗り薬は早くも大活躍となっている。今使っているのは、近江兄弟社の「メンターム EXプラスクリーム」。

乾燥が進み過ぎて夜眠れない…ってことが出始めたもので、それ以来使うことが多いのだが、全身くまなく使える訳では無いので、思ったよりも減りは遅いかも知れないなぁ。

その他、乾燥対策はあれこれしているのだが、先日とある場所で言われてしまった。

「乾燥気味ですねぇ」

あちゃー、やっぱりそうだったのかー。確かに何か痒いって思うところがあったし、湿度がある時とは違って掻いた後に何かヒリつくところがあったもんなぁ。ちょいと跡にもなったし。

「酷いってほどでは無いのですが、これ以上の悪化は避けるようにして欲しいです…」

ギリ許容範囲ってヤツね。まぁでも痛いところを突かれた感がありつつも、第三者が客観的にそう忠告されるってのは、ある意味でありがたくもあるわなぁ。基準が見えたってことでもあるし。

さて、これ以上乾燥させない…つまり「保湿」のあり方をどうするか。医薬品ってことを考えれば余りEXプラスクリームに頼るのも良くないだろうし、ボディーソープで不十分なら何かしらを足す必要もあろう。

アロマテラピー…やってやれなくは無いが、毎日は難しいだろうねぇ。変に慣れを生じさせたくないし、案外コストが…ね。

本格的な冬を前に悩むところですな。

今が11月でしょ、これで12月、1月、2月…かなり不安がよぎるところだよなぁ。会う人会う人に「お前バッサバサやなぁ」と言われないようにはしないとね。

PAGE TOP