FREETEL SIMが楽天モバイルに…オイラが取った対応は!?

NO IMAGE

それは2017年9月下旬のこと。

FREETEL(フリーテル)がSIMカードの部門を楽天モバイルに譲渡するという報道が流れてきた。最初はインターネット上で、その翌日に新聞でも大きく報じられた。

やー参ったなぁ。当ブログでも触れている通り、オイラも相方さんもFREETEL SIIMを使っているのよね。スピードテストでの不正や重さも指摘されていたが、我々には決して悪いSIMカードでも無かったのよ。

ただ、一連の報道後にFREETELは移転先でのサービスの継続を伝えるも、楽天モバイル側がその点を明確に伝えない辺り、本当に継続されるかどうかが不安になってきたのよね。

楽天モバイルだって独自のサーヴィスやプランもある訳だし。どこでどうなるか分からないってのが正直なところじゃないかな。

そうなると、完全に譲渡される2017年11月1日以降はFREETEL SIMを使わない方が良いように思えてきた。楽天モバイルで再契約も手かも知れないが、ライトユーザーのオイラには合わない感じもあった。

そんな訳で、新たなSIMカードを楽天モバイル以外で契約することにした。オイラ自身は3社目ってことだな。幸いにも、この時は契約事務手数料が無料ってことで、割と気軽に契約することが出来た。

今回選んだのはDMM mobile。1GBや2GBといった細かいプランがあることと、長期間で見ても評判が良い意味で大ブレしていないところが決め手になった。ナノSIMを1枚、SMS付きにて契約。

開通の儀の模様はこれまで何回とやってきたのと変わらないので割愛。使用感も特に不満は無いね。MVNEであっても、これなら大丈夫じゃないかな。

で、この開通を見届けてFREETEL SIMは契約していた2枚を全て解約に。モバイルルーターに挿していたものを取る際にスロットを破損させるという失態なのか呪いなのか分からぬ事態もあったりなんぞ。

ナノSIMになったので、元々マイクロSIM対応のモバイルルーターはお役御免。旅に出るまではモバイルルーターも要らないかな。要ることになっても、SIM2枚持ちである必要な無いもんなぁ。

月の支払いは1GB契約だと700円弱ってところだろうか。1GBを超える可能性は低く、繰越もある程度なされるような使い方しかしていないからね。

取り敢えず、SIM乗り換えは何とかなりそうだ。あとは今月末のFREETELSIMの契約満了を見届けるのみってことで。さて、相方さんのはどうするかね? こちらも乗り換えは必至だけど、オイラよりか使っているからなぁ。

3GBくらいと考えれば、海外トラベルSIMの義理でIIJmioでも良いし、オイラとDMM mobileで合わせるでも良いし、他社でも問題無さそうだもんなぁ。楽天モバイル本丸でも大丈夫だったりして。

まぁ、相方さんの分は相方さんでやってもらいたいのだが…そうも行かんかな。まぁそこんとこはよく考えてやることにしよう。

PAGE TOP