立憲民主党…リッケン民主党…リッケンバッカーは昔から好きですぞ

NO IMAGE

「立憲民主党(りっけんみんしゅとう)」

…オイラがその名前を聞いた時、真っ先によぎったのが「リッケンバッカー」である。ギター好き、ベース好き、バンド好きなら、すぐに分かるかと思う。

独特なデザインでありながら、時にオシャレに、時に技巧的に、時に極悪にミュージシャンを魅了するのがリッケンバッカーの良さのひとつだろうねぇ。

リッケンバッカーは現在、山野楽器が販売権を持っている。お値段を見るとヒエ〜ッて言ってしまうのだが、やはり憧れる方も多いよなぁ。

リッケンバッカーね…。

その名を有名にしたのはザ・ビートルズだろう。この映像ではジョン・レノンが持っているギターがそれ。でも実際には、ジョージ・ハリスンもリッケンバッカーを愛用していたんだよね。

立憲民主党が立ち上がった際、Twitterでは「#リッケン民主党」というハッシュタグで「リッケンバッカー」の名手をアップしていくという胸アツな展開となっていた。

その際「リッケン民主党名誉総裁」として挙がっていた1人がジョン・レノンだった。確かに、その先駆者ともなればそうかも知れないなぁ。ジョージ・ハリスンと共同代表でも良いぞ。

ただ「名誉総裁」候補は他にも2名挙がっていた。1人はポール・ウェラー…御存命だから現行の総裁でも良いのかも知れない。彼が居たザ・ジャムもオシャレな出で立ちだったなぁ。

ちなみにこの曲の歌詞…現在の日本にも通じるところがある。彼自身「(イギリスの)労働党」を支持していたからなぁ…と言うか、後にサッチャー政権を猛烈に批判した訳でして。

そしてもう1人が、レミー・キルミスターだ。モーターヘッドの。彼は唯一、ベーシストで名誉総裁の名が挙がった人物だ。上記の方々と比べると、見た目で極悪さが際立つよなぁ。

モーターヘッドも40年にも渡る活動期間となったが、2015年12月に他界。あの存在感、あのしゃがれ声、あの独特なベースの弾き方は真似出来ないなぁ。音量注意にてご覧あれ。

オイラも実は、彼が名誉総裁ではないかと思っている。

他にも様々なミュージシャンの名が「リッケン民主党」に加わった。ちょうどその頃、トム・ペティの危篤の報が流れ…程なくして旅立ってしまった。ここではベースを弾いているが、ギターもやはりリッケンバッカーだったね。

このメンバーだと最も若い筈なんだが…なんということか。遺されたボブ・ディランとジェフ・リンも嘆いていよう。あ、ここではジェフ・リンもリッケンバッカーを弾いていらっしゃるな。

では日本だと…やっぱりザ・コレクターズになるだろうなぁ。元々ギターの古市コータローさんは「リッケン刑事」の愛称もあるからねぇ。日本支部もだが、長年に渡り池袋在住なので豊島区支部の支部長は確定か。

しかし、ここで注目すべきは、ベースの山森JEFF正之さんだろうなぁ。こちらも元々リッケンバッカー弾きではあるけれど、InstagramとTwitterで「リッケン応援する、いや、マジで」と断言しているんだよなぁ。

それが2017年10月3日のこと。なるほど、彼は真の「リッケン民主党」だ。それ以前から、冷静ではあるけれど今の日本に疑問を持っているようなツイートやコメントがあったからね…筋通した。

そんな訳でリッケンバッカー…様々なスタイルで魅了し続けているるよなぁ。オイラも弾けやしないけど、やっぱり憧れるところがある。大量生産をしている訳では無いので、愛着も強まるのだろう。

オイラも大好きなキャラクター「民主くん」がリッケンバッカーを持って「立憲民主くん」になった写真を見て、グラッと来ない訳が無かったな。勿論、非公式ではあるけどね。

立憲民主党からリッケンバッカー…実はリッケン弾きも案外、ものの考え方がそこに近いのかも知れないよ!?

PAGE TOP