♪ レ・ロマネスク – 祝っていた

NO IMAGE

こんな…はずじゃ…なかったよね…。

なんてところもあったりするのだが、只今戻ってまいりやした。「待ってましたー!!」「遅いッ!!」「なーに、ヌケヌケと戻って来てんだ!!」…はて、どう言われるもんだか。

そんな訳でお祝いだ。

今回この曲を選んだのは、休載中に結構聴くことが多かったのと、こういう時だからこそ取り上げるのも良いかと思ったのとでね。

元々は心底祝っているって訳じゃないのに、あれっ、何でアイツ幸せになってんだ? ヤベッ、致命的なミスをやらかしたぞ…という歌なんだが、まぁ、それもこれも「人を想ってのこと」なのよね。

何はともあれ、それはそれで良いじゃない、と。

で、レ・ロマネスクは、TOBI(トビー)さんとMIYA(ミーヤ)さんの男女ユニット。意外や意外、フランスで結成し、同地でブレイクしてから戻ってきた「逆輸入ユニット」でもあるのだ。

オイラの友人から幾らか情報を聞いており、2017年になってから聴く機会が増えたかな。どの曲も妙な中毒性があり、今回の曲が2人にとっての代表曲と言えるものとなった。

この曲を引っさげて『ミュージックステーション』に出ようとしていたとは…残念ながら落選してしまったが、エントリーの時点から「知る人ぞ知る」と話題となった。

落選は残念だけど、歌に罪は無い。とりあえず祝っちゃえ。

さて、『ほぼ日刊イトイ新聞』や『ほぼ日手帳』などで知られる株式会社ほぼ日2017年度の棚卸しは、レ・ロマネスクと共に「派手な棚卸し」として開催された。棚卸しが終わっての『祝っていた』がコチラ。

ホンマ、ド派手やなぁ。

そんなこんなで、オイラもどうにか復帰した。皆勤賞は狙っちゃいないけど、スランプ状態からはある程度脱せただろう。そんなオイラをどなたか、死ぬまで祝ってやってくださいな。