謎の岡山グルメ「えびめし」で夏の旅の終わりへと

NO IMAGE

3泊4日でこれが初だったのね。

岡山県に滞在していながら「岡山らしい食事」ってのをしていなかったなぁ。おやつは友人からのいただき物で美味しく楽しんではいたのだが。最終日、帰りの新幹線でようやくいただくことが出来た。

JR岡山駅、さんすて南口にある「おそうざい六根」で販売されている「えびめし弁当」をば。「えびめし」ってのは元々、東京の渋谷が発祥の地だそうだが、岡山出身の店主が暖簾分けで受け継ぎ、岡山で根付いたのだだそうな。

とは言え、店主が県内各地にチェーン店やグループ店を展開していったものの、岡山駅周辺で楽しめるのは、この1店舗のみだそうだ。1966年に創業したとのことなので、かなり歴史はあるんだねぇ。

ドミグラスソースをベースに仕上げたピラフと言うか焼き飯のようなもので、錦糸卵がトッピングされている。辛くも無く、甘くも無く、それでいてコッテリとしていない…中々不思議な食べ物だった。

ちなみに、このような色をしていると、コーヒーやチョコレートなど「カフェイン」が入ったものを隠し味にされているのでは?と思われる方もあるかも知れないが、実際に食べてみて、その心配は無いと踏んだ。

カフェインによる体調不良と思われるものが無かったものでね。でも、どうしても心配な方はお店に聞いてみると良いだろう。

弁当は「豚肉の野菜巻きフライ」か「鶏の唐揚げ」が選べる。今回は前者。意外とおかずがしっかりしている印象があったなぁ。うん、何はともあれ、岡山のグルメを食せたのは良かった。

この弁当を食べつつ新幹線で戻った訳で…短期間だったけど、非常に充実した日々だったな、と笑いつつも感傷的になりつつ。

そうこうしていたら、旅から戻って15日は過ぎてしまった。あの旅の意味は何だったのか…今オイラがしなければならないことは何だろうか…あれこれと思うところはある。

オイラもあれこれ「決断」をする時期に来たんだろうなぁ。

PAGE TOP