謎のご当地グルメ「近江ちゃんぽん」を何故か岡山の地で食らう

謎のご当地グルメ「近江ちゃんぽん」を何故か岡山の地で食らう

「ちゃんぽん」と言ったら長崎なんだろうけど。

これも「ちゃんぽん」なんですってよ。ちゃんぽんはちゃんぽんでも「近江」のちゃんぽんはこんな感じなんですと。近江…そう、滋賀県だね。

今回行ったお店は、イオンモール岡山にある「ご当地ちゃんぽん研究所」。初めて聞く「近江ちゃんぽん」の名にオイラが惹かれない訳が無く、暑い日ではあったけど迷わず注文。野菜大盛りで。

早速「近江ちゃんぽん」って何ですの?…と云いますと、ひと言でまとめるのが難しい。スープは削り節と昆布がベース。澄んで上品さが強い。ただ、具材に豚肉が入るので、油分もあるし、野菜の甘みも割と強いかな。

その豚肉や野菜ってのも、しっかりと火が通っているので「大盛り」とありながらも難なく口に運べるのだ。尚、近江ちゃんぽんには、エビやイカといった魚介類が具材として入ることは無いらしい。

頭に叩き込まれた「長崎ちゃんぽん」とは明らかに異なるものであり、また「ラーメン」の枠で考えても類似するものが思いつかないものとなっていた。でも、これはアリだ。うん、間違い無い。

で、色々調べると、近江ちゃんぽんの走りとなった店「ちゃんぽん亭総本家」というお店が近江ちゃんぽんの走りともなっているようだ。今回の「ご当地ちゃんぽん研究所」の姉妹ブランドでもある。

ちゃんぽん亭総本家のページで詳しく見ていくと、全国各地に「ちゃんぽん」が存在し、その代表格が長崎ちゃんぽんであるが、近江ちゃんぽんだけが殆ど共通項の無い進化を遂げたのだそうな。

近江ちゃんぽんが登場したのは昭和38(1963)年のこと。今からもう半世紀以上のことだそうな。元々は小さな食堂で労働者向けに提供されたもので、いつしか職種や世代など関係なく人気が広まったそうだ。

スープに豚骨や鶏ガラを使わず、「京風ダシ」を意識した和風なものとなっている。また、かんすいを使った中華麺を使い、「具材を炒めず煮る」という作り方をとっているようだ。

そのベースにあるのは「おいしく健康的な一杯を提供したい」という考え。ちゃんぽんやラーメンにありがちな重さは殆ど無く、中華というよりも和食を食べたという感覚にもなったなぁ。

オイラは試さなかったけど、酢を入れて食べると旨味とまろやかさが加わるのだそうな。酢を加えるという時点で、更に健康的という印象が強まるよなぁ。

スープもほぼ残すこと無く完食。やー、これは良かった。

「ご当地ちゃんぽん研究所」は余り多く展開されていないが、「ちゃんぽん亭総本家」は全国各地に展開され、オイラの地元・広島にも1店舗あるようだ。近江ちゃんぽんを1度試してみるのも良いだろう。

こうして、岡山初日の夕食は終了。何故、岡山で滋賀の味なんだ?と思うところもあるが、食べたことの無いものを味わうっていう点で見れば、旅を楽しんでいる証かな?とも思ってみたり。

うし、ホテルに戻って、翌日のお出かけの準備をば。今度のお出かけ先は岡山…を超えて広島じゃい!! 果たしてどこに向かうのか?…って、実は先日ちょいと触れたけどね。

2度目のあの場所に、今度は岡山から上陸じゃい!!