Twitterの困った機能のせいで正直それともどう向き合えば良いのかね?

Twitterの困った機能のせいで正直それともどう向き合えば良いのかね?

TVがアレならインターネットでも良くね?

…うん、確かにインターネットで情報を得る量は多いよなぁ。情報の真偽は兎も角。で、その中でも特にTwitterは向き合う時間が長めだったりする。

恐らく、不用意に長文を読むことへの抵抗がそうさせる面もあるのだろう。最大140文字の文面から要所を掴んで、その内容に関心が向けば、更に先の情報を見るといったところだな。

で、オイラ自身もツイートするし、フォローしている方を軸としたツイートを見ることもある。ただ、ここに来て「それは見たくなかったな…」というものに触れる件数が急増してしまっている。

それは、フォローしている方が「いいね(旧: お気に入り)」を押したツイートが、何の脈絡も無くタイムライン(以下: TL)に挙がってしまうことだ。中には良いツイートもあるのだが、必ずしもそうとは限らなかったりする。

例えば、いきなり「おはようございます」と、オイラがフォローしている人に対してツイートしただけのものがTLに挙がってくる。ツイート主は見ず知らずの方なので、正直「どちら様?」ってことにもなる。

それが夜に挙がってくると何だかねぇ…ってなるよ。

例えば、余りにも政治的過ぎるツイートがTLに挙がってくる。これがオイラの思想と合えばまだ良いが、全くもって合わないものが連続すると、フォローしている方への見方も変わってしまって辛いところがある。

例えば、見た目にもエゲツない…と言うか、グロ過ぎる写真のツイートがTLに挙がってくる。政治的なものについてはブロック対応になることもあるが、写真だけではそうも行かず、かと言って見ていられないっていうのが困るわな。

うー、皆様「いいね」は慎重にやってくださいな…って思ったりもするが、実はオイラ自身が行う「いいね」も問われるところではある訳だ。先日は、こんなツイートに「いいね」を押した。

これ、オイラが好きなアニメ『OH! スーパーミルクチャン』の主人公、ミルクチャンのツイートなんだけど、元々ブッ飛んだアニメだったので、こういうタイムリーなノリが許されるのよね。

ただ、これがオイラのフォロワーさんのTLに唐突に現れたりするかも知れないって訳だから…ねぇ。ミルクチャンを知らない方が見たら「ん?」ってなることもあるだろう。TL荒らしにも十分なるわなぁ。

Twitterの運営側も困ったことをしてくれたもんだ。「いいね」を押さない訳にも行かないのでねぇ。そうなるとTLが荒れないサードパーティアプリが最適ってことになるのかな。

Android端末だったら「ついっとぺーん」が良いかと。あの清々しさを味わうと、本家のアプリのイライラは半端ないって分かる。有料版の「ついっとぺーんPlus」に格上げしても良いね。

PCだったら、”TweerDeck(ツイートデック)”が割と良いかなぁ。問題はiOS…これと言うアプリが無くてね…イラッとしながら本家のアプリを使わざるを得ないんだよなぁ。

で、本家のアプリを完全に捨てる訳にいかない理由のひとつに「アンケート(投票)」がある。これはサードパーティアプリでは全く出来ないものでね。たまにオイラはこれを使うからなぁ。

何か「WindowsとMacはどっちが良いか論争」に近いものがあるぞ。

ともあれ、Twitterとの向き合い方も考える時が来てしまったな。先日もオイラのツイートに対して何とも返しようが無いリプライがあったりしたし。どうしようかねぇ。

とは言え気が付けば6年目…相当ブツブツ言ってんだなぁ、オイラ。