くまごろう「つばきねこのジャム」…この時点でもう何が何だか

NO IMAGE

何、ちょっとこれ、可愛いじゃないの。

ある日の朝、起きて見ると、台所にこれらが置いてあった。それぞれ、イチゴと梅のジャムのようだが、瓶には猫っぽい顔が描かれている。

この前日まで、相方さんが出張で九州に渡っており、出張先でもあった長崎県五島市で買ってきたようだ。イチゴも梅も五島列島産って訳ね。

お名前はそれぞれ「つばきねこのいちごジャム」と「つばきねこのうめジャム」…ほほぉ、あの顔は「つばきねこ」って言うんだな。そして、製造者は「合同会社くまごろう」…凄い社名だ、これ。

「つばきねこ」はこんな子なのね。長崎県五島市のイメージキャラクターで、名物の「椿」と「猫」をまんま組み合わせたものとなっている(写真はかつて「ゆるキャラグランプリ」公式サイトに掲載されたもの)。

かつては「ゆるキャラグランプリ」にも参加していたようだが、2017年度は参加していない模様。現在の活動の様子はFacebookページで見ることが出来る。

一方、「合同会社くまごろう」は、東京からIターンで五島市にやって来た店主が、五島列島産の食材を使って瓶詰め商品を作っている。

オンラインショップでは「びんづめ専門店くまごろう」と称し、つばきねこシリーズを始め、オリジナルのジャムやハチミツを販売している。物産展への出店もあるそうだ。

では、折角なのでイチゴをば。原材料が「イチゴ、砂糖、レモン」だけと非常に潔い。砂糖以外は五島列島産だそうな。鮮やかさに欠くとは思うが、果肉は凄くしっかりしている。

「手作り」ならではの出来栄えってのが、むしろ新鮮に思えてくる。パンに合わせるのも良いけど、プレーンヨーグルトに加えると、食べ応えが増すね。これだと、取り置いている梅も楽しみだ。

やー、見た目から凝っていて美味しいお土産はありがたいね…と、相方さんに告げたところ「ん?」とひと言。「ぃゃ、あんな表情が描かれた瓶を選ぶ辺りから狙っていたでしょ?」と返すと

「ゴメン、何も見ないで買ってきた」

…聞けば、お店に入って特に何と決めること無くお土産を選んでいて、そこの店員さんに「何がオススメですかね?」と聞いて、言われるがままに買ったものだったそうな。なるほど、店員さんのセンスの良さって訳ね。

で、会計を済ませる時も含め、イラストに気づくことが無ければ、ジャムの特色を知ることも無く…「つばきねこ」もオイラが後から説明した次第だ。相方よ、しっかりしなはれや。

しかし、地元やその周辺の方でなければ、中々お目にかかるチャンスの無い品だ。これはかなり良い品だと思うねぇ。オンラインショップでは季節の食材を使った珍しい品もあるようで、お取り寄せも楽しいかも知れぬ。

世の中、面白いものが色々とあるもんだねぇ。