四十路が近いけど、花王「ビオレUV のびのびキッズミルク」を買ったがな

NO IMAGE

ビタミンD欠乏は承知の上で、だ。

2016年のこと、右腕に突然の痒みが走るようになり、その一因が日焼け止めではないかと疑われた。一応、疑いのかかる日焼け止めとは別のものでしのいでいたが、SPF30でPA+++では不足を感じる場面が出てき始めた。

で、SPF値などは強めのもので肌への負担が小さいものを探した結果が、本日ご紹介の「ビオレUV のびのびキッズミルク」だ…その名の通り、子ども向けの商品。

台紙を見ると「おさんぽ、お外遊び、体育の授業…」って書いてあるのだが、体育の授業以外は現実的にあるな、この先もね。大人向けの一般的な商品よりも容量が大きいのはありがたいか。

SPF50+で、PA++++か…結構強そうだ。ただ、弱酸性だったり、無香料・無着色だったり、アルコールフリーだったり…肌への負担を考えた作りになっているようだ。紫外線吸収剤を肌に浸透させない仕様ともなっている。

子どもの頃から何かと強いものを使っていては後々が大変だもんなぁ。

しかし、面白い仕様だと思ったのが、保湿成分としての「ワセリン」ね。基本的にサラサラとは対極にあると思うのだが、これによって塗りやすくバサ付かないっていうのが良いですなぁ。

オイラも実際に買う前日にテスターで試したんだが、伸びが良い一方で重苦しさは無く、塗り残しや塗り忘れが防げる感じがしたね。専用クレンジングが要らないのもありがたかった。

そんな訳で納得したところで買ってきてのあの報道ね…まぁ、日焼け止めの威力って侮れんなぁと思いつつ、そうは言っても日焼け止めを止める訳にも行かず…まぁ、いつも通り使うことになるよ。

実は日焼けをしてはならない案件があったりするもので、そこをかいくぐるためにも日焼け止めは必要になってくる。アームカバーも常にできるものでは無いからなぁ。

リスクもちょっとは頭に置いておきながら使っていくことにしようかね。

PAGE TOP