蕎麦を食べてポタージュを飲む…合体したらエライコッチャやな

NO IMAGE

何がどうなってこうなった?

昨日(2017年6月27日)は、JR両国駅周辺まで行っていた。そろそろ大相撲名古屋場所が始まるので、国技館まで番付表を買いがてら、相撲博物館の見学や国技館周辺のミニ散策などをすることに。

で、駅に着いたのが11時前。駅に併設された「両国江戸NOREN」は11時から開業の店舗が多く、そこで食べるとなればガッツリかつお高めになってしまうので、駅近くの蕎麦屋さんで早めかつ軽めの昼食をば。

で、今回の品にたどり着くのだ。

JR東日本の駅を中心に展開される「いろり庵きらく」。茹でたての生蕎麦と揚げたてのかき揚げが自慢の店で、性別年代問わず入りやすく、値段も手頃なお店だ。

入り口のタペストリーや店内のポスターなどでは、この時期限定のおすすめメニューが紹介されている。うーん、1つだけどうしても気にする以外無い品があるよなぁ。

なら買おう。

冒頭の写真にある「ダブルもろこしぶっかけそば」(520円)。商品名のところには「冷製ポタージュ」とも書かれている。トロッと濃いポタージュで日本蕎麦を食べるのか…チャレンジャーだな。

具材は焼きトウモロコシ、小松菜、白ネギ。冷たいポタージュにブラックペッパーを結構効かせている。今回は蕎麦にしたが、うどんでも対応出来るようだぞ。

多少恐る恐る口にすると、あれっ? 何? 妙に合う!!…という展開に。ポタージュと言っても、微かに日本蕎麦の出汁を思わせる味があった。それもあってか、蕎麦が何かしらとケンカする感じは無かった。

元々、蕎麦を抜きにしたポタージュと生の白ネギを合わせることは無いし、小松菜もかなりなイレギュラー。それが妙に合ってしまうのだからビックリだわ。

トウモロコシだって、かき揚げそばの具材になることはあっても、焼いてドーンと乗せることは無いか。そんな「通常に無い」取り合わせのものが組み合わさって、イケるじゃんってな味になったのが今回の品だ。

中々やりますな、これ。

実は本当は、これまた期間限定品として「ミニ豚丼セット 岩下の新生姜」があったのだが、喉の調子が悪いのと、今回の品がもたらすインパクトの大きさに見送った次第。

これは調子が良くなってからにしよう。両国駅で無くても食べられるし。9月5日(火)までに忘れずに、ね。

美味しく余すことなくいただいた後は、国技館やその周辺をぶらぶらと。中々面白いものや光景があったので、次回のブログで取り上げてみましょうかね。