そろそろ四十路 オイラもメガネっ子になってしまうのか?

NO IMAGE

「偉くなくとも正しく生きる」

…これ、どなたの名言でしたっけ? まぁ、オイラは正しく生きられているかどうか分からんが、気が付けば四十路が見えてくる時期に入ったんだなぁ。

日々「調子が悪い」と言いながらも、大きく体調を崩すケースは無く、本日(2017年6月16日)まで、骨折や入院を経験すること無くやってきた。しかし、ここに来て、ひとつ不安要素が出てきたのだ。

それは「目」だな。

家族全員が裸眼で1.5以上あったもんで、オイラも視力の良さは自慢でもあったりする。老眼が来るのが早いと言われつつも、現時点でその兆候は見られない。何とか食い止められているのかな。

ところが、ここに来て「目」のトラブルが2つ続いてしまい、メガネの導入を検討するようになったのだ。

1つ目は、パソコンやモバイル機器などによる目の疲れ。いわゆる「ブルーライト」の影響もあるかも知れないね。軽微ではあるが、コーディングもやったりするもんで、目の疲れがドッと来るようになった。

これについては、ブルーライトカットレンズ(ブルーライト対策がなされたメガネ)を持っているのだが、耳や鼻に当たるせいもあって、余り長時間かけられないんだよなぁ。

2つ目は、外出中に突風が吹いた際に、砂ぼこりを目に喰らってしまうこと。かなりの量が入る上に、中々取れないのだ。取れたと思っても違和感は続き、室内でも目のゴロつきが気になることもしばしば。

これに対して、手持ちのブルーライトカットレンズを使うのは、結構間違っているように思うね。肌に当たる箇所が痛くなりやすい訳だし。そうなると、それ用に新たなメガネも必要ではないか、と。

メガネね…オイラ、ビックリする位、メガネが似合わない奴なんだわ。

一時期、伊達メガネを持っていたこともあったけど、試着してその似合わなさに言葉を失ったことがあったよ。何とか探し当てたものの、これも痛くなるタイプのものだったな。

痛いもだけど、まつ毛がレンズに当たってしまうケースもあったりする。贅沢な悩みと言われそうだが。ただ、メガネの機能を損ねる場合もあるので困るんだよなぁ。

うーん、オイラにピッタリのメガネってあるんだろうか?

ブルーライトカットレンズについては、かけては外し…を繰り返しながら慣らしていっているところ。作業中のみの使用なので、どうにか慣れてくれれば良いのだが。

砂ぼこり対策メガネも早急に何とかしないとな。ゆくゆくは老眼鏡とかの世話になるかも知れないけど、今必要なケアってものは疎かに出来ないもんなぁ。

メガネかぁ…うーん…。

PAGE TOP