明色化粧品「モイストラボBBエッセンスクリーム」の機能がエラいことになっていて

NO IMAGE

「ファンデーションは使っていません」

…なんて言う生活が、ここ数年ずっと続いているなぁ。で、今はBBクリームを使っているが、これまで使っていた「毛穴パテ職人」が無くなったので、新しいものを買ってみた。それが今回の商品。

明色化粧品(めいしょくけしょうひん)から発売されている、「モイストラボ」BBシリーズから「BBエッセンスクリーム」…今回は「ナチュラルオークル」をお買い上げ。

オイラはこれまで、「明色化粧品」と聞けば30〜40代以降の女性のイメージがあったのだが、このシリーズの現在のイメージキャラクターは神田沙也加さんなので、割と若い方にも使えるシリーズなんだろうなぁ。

チューブも割と現代的なデザインだしね。

と言うか、忙しくて化粧に余り時間をかけられない方や、あれこれゴテゴテとつけてしまうと肌への負担が気になる方などに向いたものなのかも知れないね。

写真のものは旧パッケージのもので、本記事投稿時点では神田さんの顔写真が入ったシールが目印となっている。

美容液、クリーム、UVカット、化粧下地、コンシーラー、ファンデーションといった6つの機能を兼ね揃えている。実際につけてみると、割と伸びが良く、余り圧迫感が無い感じだったなぁ。

カバーする力もそこそこあって、時間が経った後のヨレや色ムラは感じられないように思う。赤みや吹き出物が出ることも無かった。これだったら日常使いに問題無いだろうなぁ。

ただ「ナチュラルオークル」とある割には、やや色が濃いような印象もある。冬はどうかな?と思うけど、夏に使っていく分には違和感無くいけたりしてね。

さて、改めてパッケージをご覧いただくと、「レタスクラブ殿堂入りコスメ」と「ブルーライトカット」のシールがある。現在販売されているパッケージには無い記述だ。

「殿堂コスメ」はよく見かける表現なので気にしないが、「ブルーライトカット」って何かしら飛躍したものを感じるよね。化粧品でブルーライトをカットするのか…皮膚に何か影響があったっけ!?

「ブルーライト」と言えば、スマートフォンやパソコンなどから発する可視光線で、目への影響が大きく言われている。そこから目の病気、不眠、気分や心などの不調が問題視されている。

うーん、肌への影響ねぇ…紫外線みたいに考えると「全く無い」とは言えないだろうけど、余りピンと来ないところもある。それで現行パッケージから記述が消えたのか!?

ともあれ、オイラはブルーライト対策を重視して買った訳では無いので、余り深く考えたり期待したりは無いかな。基本的な「化粧品」としての機能が保たれればそれで良し。

BBクリームって、色々な機能をギューッと詰め込んでいるので、上手く合えば色々な負担から解放されるんだよね。使い終わった時までに、少しでも多く「良さ」を実感出来るとイイね。