イトメン「オリジナル調味料セット」が我が家にやって来た

NO IMAGE

ネットで拡散、応募はアナログ!!

…というキャッチコピーの下で展開された、イトメンのキャンペーン。「チャンポンめん」の5食パックに付いている応募券を10枚集めて送ると、もれなくイトメンの調味料セットが貰えるというものだった。

このキャンペーンは2017年5月末で終了したが、オイラも何とか10枚集めることが出来た。1,671件の応募があったそうで、締め切り辺りから応募が殺到して、一部で出荷待ちになったのだとか。

箱の中身はご覧の通り。チャンポンめんの「スープの素」だけの瓶(向かって左)、同じく「かやく」だけの瓶(向かって右)、そして「特製 山下調味料」の瓶…かなり謎めいた内容だ。

「山下調味料」の「山下」とは、イトメンで品質管理室の室長を務める山下さんという方で、新商品の開発も担っていらっしゃる。何故か「バツイチ」であることも特設サイト上に掲載されてしまったが。

超安全運転で展開されるグダグダなドライブが、キャンペーンの賞品になったこともあったなぁ。20分近くに渡る動画にもなっているが、要所要所で笑いの神が降臨しているぞ。

イトメンの破壊力が一段と増したような。

そんな山下室長が考えだした「山下調味料」は「スパイシー」がウリとなっていた。原材料を見ると、チリペッパーや唐辛子と言った辛さが立ちそうなものが入っている一方、シナモンやクミンなど香りが立つものもあったなぁ。

余りビリビリ辛いものだと困るけどなぁ…でも、こういった調味料で作ってみたい料理ってのがひとつあったんだよなぁ。

それは「岩下の新生姜」の肉巻き。元々、味付けナシで作ることが出来るものなんだが、これに使ったら一段と味が引き立つんじゃないかな、と。仕上げにティースプーン半分位を入れて、こんな感じに。

で、これが良い意味で期待を裏切るものとなった。てっきり辛くなるものと思っていたら、香りがスーッと鼻に抜ける方が強く、食欲が増すものとなっていた。生姜と相まって元気が出る感じ。

恐らく、この調味料と豚肉との相性って抜群に良いんだと思う。キャンペーンサイトでも、豚肉が入ったチャンポンめんに山下調味料を使っていたしなぁ。夏場には特に嬉しい存在だと思う。

「スープの素」と「かやく」もこれから使っていかないとな。

そんな訳で、ここに来てブッ飛んだところがあるイトメン。またこの先も我が道を突っ走っていくんだろうなぁ。メジャーにならずとも、心が広い企業であることは間違い無いね。