若者よ、ボーナスの使い道を「脱毛」に充てるのは案外良いもんだよ

NO IMAGE

何を言い出すやら?と思っただろう。

でも、実際そうなんだよなぁ。先日『ノマド的節約術』というサイトで、ボーナスに関する記事を呼んでいたのだが、「貯金(預金)」の次に納得出来た使い道ってのが「脱毛」だった。

これは、男女問わず言えるんだよなぁ。勿論、他に使い道がある時(特に何かしらの返済がある時)は、それを最優先にすべきかと思うが、そうでなければ脱毛を早めにすると、後々がラクだと思う。

脱毛の施術って案外お金がかかるものだから、ボーナスでやってしまうってのが良かったりしてね。病院なり、エステなり…ご自身に合う方法でやってみるのがベストだろうね。

くれぐれも。いきなり施術に入らず、カウンセリングなどを受けて納得してからで。場合によっては施術が出来ないケースもあるからね。

さて、男性の場合だと、やっぱり「ヒゲ」が最優先課題になると思う。ヒゲが濃い方だと、剃る時間だけでなく、回数もかなりのものになると聞く。剃るための道具にかかる費用も相当なものになるとか。

骨や歯が近い部分なので、痛さはあると思うが、数回の施術でヒゲ剃りの煩わしさから解放されると、得られるものも多いんじゃないかな。ゆっくり朝食を摂ったり、焦らずに通勤出来たり。

ヒゲが濃い方は、電気カミソリ(シェーバー)を持ち歩いたり、自宅のものとは別に職場に置いていたりするケースもあると聞く。それが無くなるのも嬉しいし、そもそもそれを買うこと自体も無くなるだろう。

そう考えると、ヒゲ脱毛はトータルで見て安いのかも知れないね。一時的に飛ぶ金額は大きいけど、後々でかかる金額を思えば良い投資だろう。若いほど、それが実感出来ると思う。

一方、女性は、その方が何を最優先にするかで、脱毛箇所変わってくると思う。スカートをよく履く方ならヒザ下。半袖姿が多いならヒジ下。自信を持ってノースリーブを着たいのであればワキ…そんな感じで選ぶと良いかと。

オイラ、時々見かけるんだが、化粧やヘアスタイルをバッチリ決めて、オシャレ感たっぷりなのに、ストッキング越しに長いスネ毛が見えてしまう女性もあったりするもので…あれは残念度が高い。

「残念」と言われないようにするためにも、どうしても気になる箇所だけでも対処しておくと、気分的にも違うもんだろう。自己処理をしない分、肌の状態が良くなるでしょうな。

かく言うオイラも経験者だ…ただ、ボーナスを使った訳では無いし、本当にピンポイントだったけど。若い内にやると良いってのはつくづく思うよ。今残している箇所を見ながらそう思うほどで。

ちなみに、若い内に脱毛をしておくべき理由は他にもある。レーザーにしろ光にしろ、黒いものに反応する。つまり、白髪や脱色した毛には反応しないのだ。黒い毛が多いであろう若い内が最適なのだ。

白髪だと目立たないというのはあるが、やっぱり毛として残るので、ヒゲ剃りや除毛の手間がかかり続けるだろう。それを回避するためにも若い内にって訳だ。

また、歳を重ねると、仕事がより忙しくなったり、家庭で担うものが多くなったりして、時間が取れないケースも考えられる。若くてまだ時間が多くある頃に済ませると良いってのは、その点でも言える。

脱毛はひと昔前だと「女性のもの」と思われていたが、近年では男性にも徐々に広まりつつあると思う。気にされる方が多い証拠だろうなぁ。脱毛をボーナスの使い道にするのは決して悪いことでは無いぞ。

PAGE TOP