トゲ抜きにゃんこのシッシャカメッチャカ狂想曲

NO IMAGE

本日(2017年5月17日)は「国産なす消費拡大の日」だよ。

新鮮なナスのヘタにはトゲ(棘)がある。先日、とあるスーパーで、バラ売りのナスを2本買った。ビニール袋にまとめ、口を縛ってからオイラの買い物袋に。

で、その足で、近くのドラッグストアに。レジ近くで財布を出そうと思って買い物袋を探っていたら、いきなり右の人差し指にチクッと痛みが走った。見ると小さく刺さったものがある。

ナスのトゲが刺さった!!

ビニール袋を貫通したのか、はたまた隙間があったのか、トゲが指に刺さって、見事に指に入り込んだ状態となった。すぐに取れないし、何かチクチク痛いし…取り敢えず会計を済ませて自宅へ。

改めて、指とナスを見ると、トゲってのは意外と細くて短い。その割には鋭利なところもある。先端まで指に入り込んだ状態なので、毛抜きやピンセットで抜くことも出来なかった。

まぁ、トゲで死ぬことは無いだろう。化膿する可能性は否定出来なかったが、妙に腫れ上がったり、刺さった以外の痛みが走ることも無かったので、そこまで焦ってはいなかった。自然に抜けることだってあろう。

…と、呑気に構えること3日目。

相変わらずチクチクする程度だが、やっぱりそのまま放置するのはマズい気がしたので、荒業で抜くことに。まずは50円玉(5円玉でも可)を使って、患部からトゲを押し出す作戦に。

しかし、トゲは見えやすくなったものの、先端が外に出ることは無かった。これでは毛抜きやピンセットの名誉も回復しない。仕方がない、まち針で取り出すことにしよう。

まち針の先端をライターであぶり、程々の温度になったところでトゲに目掛けて…と思ったら、ちょっと違ったところに当たってしまい、微妙な跡がついてしまった。

ただ、ケガ(と言うか火傷)の程度は軽く、そのまま除去作業を続行。無事にトゲを取り出すことに成功した。髪の毛よりも細く、長さも1mmちょっとのもの。これであの痛さかと思うと、少々青ざめるところもあった。

良い子のみんな、トゲが刺さったら無茶をするでないぞ。程度が酷いものなら病院ね。それより、ナスのトゲを甘く見るでないぞ。

お陰様で今はチクチクした感覚も無く、うっかりまち針を当ててしまったところも含めて跡形も無くなった。まぁ、こんなことなら、当日に対処しておけば良かったんだけどね。

うし、今日は気をつけてナスを調理するか。