今更感ハンパ無いが、新幹線の切符の手配について考える

NO IMAGE

マジかよ?って思うよなぁ。

それは2017年3月のこと。相方さん宛に親戚から法事の案内の電話があった。会場は新幹線で行くような場所で、何を思ったのかGW真っ只中に組まれていた。オイラは今回は行かず、相方さんのみで行くこととなった。

しかし、そこからが大変だった。

実は相方さん、自分で新幹線の切符を買えないと言うのだ。出張で新幹線に乗る時は勤務先で切符を用意されるし、オイラが同行する時はオイラが手続きをするもんで。

まぁ、当日に買う分にはどうにか自力で買って動けるんだろうけど、事前に買っておくってことがまるで出来ない。そんなこともあってか、どうやって買うんだ?とパニクっておった。

よく今まで1人で海外に行けたよなぁ。

乗車1ヶ月前から発売開始だと言うのに、電話を受けた時点で「じゃあ買おう」とか言っているし、近所だが「みどりの窓口」の無い駅に行こうとするし(ってか、それで昔、オイラは酷い目に遭わされたしなぁ)。

そんな感じで焦っているかと思いきや、何かの拍子で見事に忘れ、乗車1ヶ月前を切っても動かなかった。4月下旬にたまたま、相方さんにまとまった時間が出来たので、切符の話をすると

「ゴメン、買いに行くのについて来て」

…やっぱりそうなるのか。ちなみに今回の行き先でオイラ個人の旅だったらJR西日本の「エクスプレス予約」が使えるので、窓口に行く必要は無いんだがね。

念のため、エクスプレス予約の画面を見て、座席の空き具合や金額などを事前確認しておき、相方さんが動きやすい時間と座席候補をメモして持たせた。

相変わらず「みどりの窓口」が無い駅に行こうとするので、軌道修正させて該当の駅へ。GW期間は金券ショップで回数券を買ってから向かうってことが出来ないから、キッチリその場の現金払いにて。

窓口で並んでいる間も「買い方が分からん」と繰り返し…いよいよ順番が回った時、持たせていたメモを提示させた。すると、そのメモから駅員さんが手際良く調べてくれて希望の席を確保。

あのメモ、結構雑な字で書いていたんだが…まぁいいか。

繁忙期ゆえに割増料金が発生したものの、特に大きなトラブルも無く購入完了。もうこれで自分でも事前購入出来るよね?

「で、どうやって改札通るの?」

…次はそこか。手渡された紙の乗車券と特急券を見ながら困惑する相方と、その発言に困惑するオイラ。まぁ、知らないとこうなるんだろうなぁ。

今回は新幹線に乗る前後で在来線に乗るため、「新幹線の改札では紙の切符は2枚重ねて通し、同時に在来線で使う(使った)ICカードをタッチ」と指導。分からなかったら駅員さんに聞きなさい。

まぁ、そんなドタバタがありながら、相方さんは昨日(2017年5月6日)、その法事へと向かった。日帰りなので今はもう戻っているが、まぁ何とかなったんだろうね。取り敢えず切符は忘れずに持って出て行ったし。

新幹線か…オイラは最低でも年1回は利用している。東海道・山陽新幹線であれば、先に挙げた「エクスプレス予約」が使えるのでラクでかつお安く移動出来るんだよなぁ。相方さんにも持たせるべきか!?

でも、また忘れた頃に言うんだろうな。「新幹線の切符、買いに行くのについて来て」って。世話が焼けるってもんだ。

PAGE TOP