憲法記念日に憲政記念館で「民主くん」に出会った

NO IMAGE

2017年5月3日で日本国憲法施行70年…か。

そんな日に相方さんと向かったのは、東京都千代田区永田町にある「憲政記念館」。日本における議会政治に関する衆議院所轄の展示施設で、無料で見学出来る。

2017年4月27日(木)から同5月30日(火)まで、日本国憲法施行70年を記念した特別展示を行っており、オイラ一行が出向いたこの日は特に多くの方が訪れていたようだ。

憲法ね…改正についての議論がこれからなされる訳だろうけど、「こんな感じで改正しまぁ〜す」って軽く言うようではマズいわなぁ。本当に必要なものなのか、本当に全国民が納得出来るものなのかを考えないと。

館内に掲示されている日本国憲法で、第99条を見た時につくづく思ったわ。その条文は下記の通り。

天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

擁護って出来ているのかねぇ、今って。

そんなことも考えつつ見学していったのだが、これとは別に憲政記念館に行きたかった理由があった、それが標題の「民主くん」である。

公募により、新たなキャラクターが決まった民進党。御役御免、下手すれば廃棄処分…かと思われた民主くんは、憲政記念館への再就職という逆転ホームランを放ったのだ。

オイラは民主くんというキャラクターを高く評価している。今回の再就職は、たまに良からぬ暴走はあれど、政党の枠を超えて政治に関心をもっていただけるようにと発言する姿を評価されての結果だと考えている。

未だに民進党の代表は民主くんが良いと思っている位だし…代表は無理でも広報担当とか。民主くんの機転のきかせ方や気づく力などは、民進党の議員さんや党員さんも見習うべきでは?と思ったりもする。

だから、館内で会えた時は本当に嬉しかったね。年甲斐も無くはしゃいでしまったよ。展示室前で構える姿は、憲政記念館の受付ボーイにふさわしいし、良き案内人でもあったね。

オイラ、本当に嬉しいよ。相方さんも「本物の民主くんだ」と喜んでいたなぁ。

ちなみに、民主くんは単独でこの場所に居る訳では無く、他の政党のキャラクターと共に、展示室の入り口を見守っていた。公明党のコメ助さんや、日本共産党の「カクサン部」の皆様などもいらっしゃった。

それが許されるのも民主くんだろうねぇ。事実、2016年のニコニコ超会議においては、民主くんとコメ助さんが仲良く記念撮影していたし。うん、本当に良い職場に再就職出来て良かったよ。

やっぱり、こう言う光景を見ると、憲法など今ある諸問題について「話し合い」「丁寧な議論」が大切だと思う。数の力で強行採決もアカンし、対抗措置として簡単に審議拒否って言うのもどうかと思う。

民主くんを通じて、深い学びを得られたよ。

民主くんをはじめとしたキャラクターたちは、これからも展示されるということで、記念写真を撮る方も多くなると思われる。館内には一部で撮影禁止場所があるので、その点はご注意を。

現在のキャラクター「ミンシン」は、民主くんを超えることが出来るのか?

さて、午前中に見学を終え、そろそろ昼食の時間となった。オイラは館内のレストランを考えていたが、相方さんが「両国でちゃんこ鍋を食べたい」と言い出し、移動することに。

民主くんたちに「また会おうね」と言って、建物をあとに。両国か…ならばアレを買わないといけないな。では、その模様は次回のブログで詳しくね。

PAGE TOP