郵便はがきの値段が変わる…でも何か複雑な話になっておる

NO IMAGE

郵便屋さんも大変だ。

2017年6月1日(木)より、郵便はがきの料金が上がる。62円…この値段で封筒が送れた時代があったことを思うと結構痛いよなぁ。

そんな中、自宅ポストに郵便局からの案内が入っていた。62円は分かったよ…って、ん? ちょっと例外があるようだな。

年賀はがきは据え置き52円!!

ほぉ、そこは気を利かせたねぇ…でも、ちょっと注意事項があるようで。確かに52円と印刷したものを販売するようだが、この金額が適用されるには条件があるようだ。

12月15日から翌年1月7日の間に差し出されるものに限る!!

ほっほー、本当に「年賀はがき」として成立する期間だけ、52円にする訳か。日本郵便が発行する年賀はがき、または、通常はがきの表面に「年賀」と朱記したものとの制限もある。

これは、つまりこういうことか?

年賀はがきを余らせて、年賀はがき期間を過ぎてから使おうってことになった場合、そこでは10円分の切手を貼る必要があるってことだな? 懸賞に応募したりって時にも注意が必要だ。

そうなると、余裕を持って年賀はがきを買っておくということが賢いとは言えなくなるんだな。場合によっては、通常はがきで対応する方が良かったりして!?

ってか、年賀はがきを廃止する人も徐々に増えているからなぁ。その流れに拍車がかかるような気もするねぇ。

尚、往復はがきは通常はがき同様に値上げ。1枚124円となる…何か恐ろしい値段だな。まぁ、必要な方にはしょうがない出費になるんだろうけどな。

で、実はこの案内の裏には「定形外郵便物」についての変更点も綴られていた。いわゆる「角形2号(A4サイズの用紙が折らずに入る)」封筒に関わる変更のようだが、これもまた注意点があるようだ。

角形2号封筒程度の大きさで、厚さ3cm、重量1kgを超えるものに対する料金を新たに設定し、この規格に収まるものについては料金据え置きまたは一部引き下げとなるようだ。

ただ、規定が細々しているので、詳細は日本郵便の公式サイトで確認するのが確実だ。オイラも覚えきれない。この制度もまた良いのやら悪いやら。

そんな訳で、6月1日に向けてやること…10円切手を買うことかねぇ。通常はがきが余りそうなもんで。現行の10円切手は「トキ」のデザインだそうな。尚、62円はがきは2017年5月15日(月)から発売開始だそうな。

とは言え、やっぱり値上げは痛いなぁ。オイラが覚えている1番古いはがきの料金は40円だった…定形の封筒は60円…それが今後は62円と82円か。封筒100円時代も遠くないかもなぁ。

まぁ、割り切るしか無いんだろうけど。