レンタルサーバーを契約しておいて独自ドメインを使わないって意味分からんよなぁ

レンタルサーバーを契約しておいて独自ドメインを使わないって意味分からんよなぁ

個人の備忘録とか趣味サイトとかなら、まだ分かるよ。

これが例えば個人事業主や中小企業のPRサイトだ問題だよねぇ。いわゆるレンタルサーバーで支給される「初期ドメイン」で運営するの。「やる気はあるのかね?」なんて思う。

地方議員などのサイトでもあるよね。

レンタルサーバーは有料。その代金は惜しまず支払っておいて、独自ドメインをケチっているとは…もしかして、独自ドメインはレンタルサーバーよりも高いと思い込んでいるのかな?

確かに高いドメインもある。例えば、”.car”や”.security”など、1年契約でも通常価格298,000円(税抜)だ。でも、一般的な”.com”や”.net”など、年間2,000円もしないドメインだってある。

2019年の春に、”.page”というドメインが一般に販売されるようになった。このドメインを使う大前提に「常時SSL化対応のサイト」とあるので、このドメインを使っていることが「暗号化通信」を保証すると言えるだろう。

上述の要件を満たせば誰でも利用できる。それでいて年間2,000円もしないので、狙い目であると言えよう。

レンタルサーバー代が支払えて、それより安いドメイン代は一切支払えない…は、通用しないと思うんだがね。そのサイトを「財産」「資産」と思っているのであれば、必要経費で出すべきだ。

レンタルサーバーを借りて使える位の方であれば、独自ドメインの設定もそんなに難しいものでは無いし…そうしようと思わないって理解し難いな。

そんな中、先日、非常に呆れるサイトに出くわした。

あるカラーセラピストのPRサイトだが、エックスサーバーの初期ドメインで運営されていた…と、ここまでは結構ある話なのだが、実はこの方、サイトのテンプレートはファーストサーバ製だったのだ。

ファーストサーバにもレンタルサーバーはある。なのに、そこでデザインしたテンプレートを他社であるエックスサーバーで表示させている。それも初期ドメインで。

ファーストサーバでデザインされたテンプレートであれば、ファーストサーバで運用するのが筋だろうし、テンプレートだけ持ち込んでエックスサーバーの初期ドメインで運用するのって、エックスサーバーにも失礼だわ。

恐らく「テンプレートキング」から引っ張って来たんだろうけど、どこが運営しているか確認せずに使ったんだろうなぁ。「無料ってラッキー」な感じで。だから他社の無料の初期ドメインでも平気なんだろう。

ファーストサーバが持つレンタルサーバーZenlogic(ゼンロジック)も決して悪いものとは思わないね。無料独自SSLも標準装備されているし、独自ドメインの管理もそこで出来る。

お試しでファーストサーバを使ってみても良さそうなものだろうに。

ちなみに、問題のサイトの運営者は、過去にオイラがとあるSNSで投稿した内容に対して客(見込み客も含む)を小馬鹿にするような返信をしてきた前科がありまして…サイトを見て、いよいよクズだと思った次第。

そうだよなぁ、何か資格取得に異常なまでの執着があって、載せるに値しない資格もツラツラ書いてあったし。「自分が上だ」と言いたいので必死なのかも知れないね。

何であれ商売をやっていて、それをPRするサイトを持つのであれば、そこにかかる費用を無駄と思わないことだよなぁ。勿論、身の丈に合ったものを選ぶべきだけど。

もう一度言う。そのサイトを「財産」「資産」と思うのであれば、独自ドメイン代も必要経費で出すべきだよ。