2016年のエイプリルフールがこんなんだったから、2017年もワチャワチャかな!?

NO IMAGE

♪ ステキなうそをつきましょう 傷つけたくなきゃうそをつけ~!!

rascal_1ほのぼのするもの、スケールが大き過ぎるもの、絶対に有り得そうにないものに、むしろ釘付けになるものまで、あらゆる「嘘」が並ぶエイプリルフール。Twitter上でも、企業やキャラクターなど公式アカウントがあの手この手で仕掛けてくる。

オイラもそれを楽しみにしている1人。2016年は咳喘息などによる体調不良が祟った時期と重なったので、時に咳き込みながらも大笑いさせていただいた。2016年の個人的ヒットを幾つかご紹介しよう。

まずは「わさビーフ」でお馴染み、山芳製菓さん。わさび、全部…と抜いてきて、もう抜くものは無いだろう…って思ったら、オイオイ、最も抜いたらアカンものを抜きましたか。この雑さ加減は、むしろ購買意欲を高めてくれた。

…これ、奇跡の商品化を果たしたんだよな。当初は「ニコニコ超会議2016」限定だったが、後にローソンとポプラで期間限定発売された。美味しかったぞ、完成させるのが手間だったけど。

この他にも、朝専用わさビーフ「あさビーフ」や、ポテトチップスの定額食べ放題プランなどもぶち上げ、爆笑をさらっていった。2017年はエイプリルフールネタを4つ行うことになると思われるが、果たしてどうなるやら!?

https://twitter.com/Rascal_tweet/status/715569607793205250

続いて、今でも人気のキャラクター「あらいぐまラスカル」。冒頭でも使ったスクリーンショットにあるように、あらいぐま常駐型全自動洗濯機「ラスカル」発売を知らせた。お値段何と4千万円(税抜)。

rascal_2機内常駐のラスカルが丁寧に手洗いをしてくれる。すすぎや脱水、更には天日干しもしてくれる。2015年は「洗うこと自体」を放棄しただけに大進歩ではあるが、洗濯物の取り込みはしないのだそうな。

※ 尚、ツイートにあるリンク先はエイプリルフール当日のみ閲覧可能なサイトであった。今回は公開されたその日の内に撮影したスクリーンショットを使用。

余りに壮大過ぎてNHKでも取り上げられたのが、こちらのツイート。日産自動車が「よく似た名前の」ニッセンや日清食品と強力コラボ。2015年は日産とニッセンのタッグだったから、日清食品も頑張ったに違いない。

横浜市(日清食品本社)に向かっていた筈のUSO(未確認虚構物体)が、意外な理由で400kmも離れた福井県(ニッセン物流センター)に不時着。でもUFOに似たカップ焼きそばUSOは美味しかったそうな。

4月1日は新年度であり入社式も多いだろう。そんな中で、これから入社を考える方に向けた明るい嘘がタカラトミーからなされた。最終面接でジェンガって…。

尚、タカラトミーには自社商品の公式アカウントも複数あり、例えば「リカちゃん」は「加山理科」としてちとエグ目な人体模型風になったり、「こえだちゃん」は髪型だけを残して本当に木の小枝になったりしておった。

スマートフォンだとATOKを使っているのでアレだが、PCでは結構重宝しているGoogleの日本語入力。2016年は味気なく打った実感が得られない「フリック入力」を物理キーでこなす画期的な嘘商品を発表した。

しかし、動画を見ると物理フリックよりも、フリックセンサーに釘付け。世の中の「マス目」に見えるものが全てフリック入力機器になってしまう。メロンパンも、障子も、碁盤の目に整備された街並みだって、フリックフリック。

ここまで登場したアカウントを思うと地味かも知れないが、思わぬツボとなったのがファーファである。年齢や性別の話になると「ウフフ」などと逃げるケースがあるファーファが、2016年に思わぬカミングアウトを行なったのだ。

ちなみに「オッサンテディベア」とも称されたテッドも、50歳まではいっていなかった筈だ。そ、そりゃ、秘密にするしか無いよね、ファーファ。

そんな訳で、何が起きるか分からないエイプリルフール。一説には「嘘をつくのは午前中に限る」とか。僅か12時間の中にどんなトラップが仕掛けられるのか!? 2017年も目が離せそうに無い。

でも、これだけは胸が詰まったわ。

あの件自体がエイプリルフールだと思いたかったけど…な。