何を思ったか「500円玉貯金」をしたいと言われたもんで

何を思ったか「500円玉貯金」をしたいと言われたもんで

これも家計調査効果なんだろうか?

相方さんが「500円玉貯金をしたい」と言い出した。元々、思い立ったら小銭を貯めるということはしていたようで、親御さんの血をしっかり引いた格好だろうか。

元々あった小銭貯金は何やかんやあってオイラが解体…これについては次回のブログで綴るとして。「500円玉で10万円くらい貯めてみたいよね」とも言っていたので、こちらの貯金箱をお買い上げ。

毎度お馴染み、キャンドゥにて見つけたのは、エラくお洒落な缶。”Put 500 yen to the full, It will be 100,000 yen in this. (500円玉でいっぱいにしてみてよ、ここに10万円貯まるからさぁ)”といった文章もあったりする。

「えぇっ、10万円? ちょうど!?」「そこに食いつくなよ」と、漫才コンビの磁石のネタの如く言ってみたりみなかったり。これまでよく見られていた「如何にも」なデザインでないのが気に入った。

底にはこんなシールが。買ってから気がついたが、この貯金箱には「フタ」が無い。開ける時には缶切りが必要なのだ。簡単には挫折しない作りってことか。意地でも頑張らないと。

缶切り…ネジ式の出番か!?

で、この貯金は当初、相方さん独自でやる予定だったのだが、何故かオイラも巻き添えを食い、共同で10万円を貯めることになった。オイラも既に1枚チャリーンと。相方さんも1枚チャリーンと。

しかし、相方さんと同じペースでやろうとなると、オイラにとってはかなりしんどいところがあるんだよなぁ。相方さんは加算式、オイラは減算式だから。

オイラが家の生活費として1ヶ月で使える金額は1,000円×その月の日数。仮に1回の出費が400円ほどで、いつも千円札で支払って釣り銭の500円玉を全て貯金してしまったら、実際の生活費は予定額の半分になってしまう。

オイラ自身の小遣いも同様。かなりカツカツになるで。

なので、相方さんみたいに「500円があったらすぐ貯金」というのは不可能なんだよなぁ。とは言え「貯める」という頭がある以上、500円玉を切り崩す行為は最小限にしたいところだ。

まぁ、買い物が毎回400円ほどってことも無いか。

期日を切っていないので、どこがゴールになるか分からないが、すぐに缶切りに手を出す行為は避けたいもんだねぇ。相方さんは「旅行でも」とか言っているけど、はて、実際には何に化けるだろうか!?

余談だが、相方さんの通信費って格安SIMへの切り替えなどで本当は年間10万円以上の得になっているのに、その分があっけなく消えているもんなぁ。それを取り返すっていう意味でも良いのかもね。

PAGE TOP