日清食品の「カップヌードルリッチ」は妙なハードルの高さがあるけれど

NO IMAGE

どうしてこうも高いのか。

日清食品のロングセラー「カップヌードル」の「リッチ」シリーズ。その名の通り、リッチだなぁって思える内容だよね。「牛テールスープ」も「フカヒレスープ」と聞いただけでも高級な印象。

なので、お値段もお高く、大抵の場合で1個200円を超える。とは言え「カップヌードル」…どこまで本来の高級感を損なわず、カップヌードルらしさを保つのか。

たまたま「カップラーメン 全品10%オフ」となったお店があったので、両方ともお買い上げ。それでも辛うじて1個200円を切ったかどうかと言ったところ。

「牛テールスープ」は、無臭にんにく卵黄ペースト付き。

この時点で違うわな「フカヒレスープ」には香味油が付いている。

最初に食べたのは「牛テール」。見た目よりもあっさりとしている。韓国料理で言う「コムタンスープ」ですな。無臭にんにく卵黄というものは初だったが、特に違和感は無かった…と言うかインパクトも…うん。

「フカヒレスープ」もあっさり系ではあるが、牛テールスープほどでは無い印象。どうしても「本物のフカヒレっぽさ」を求めるのは難しいと思うが、これはこれで良かったかな。

まぁ、そうは言っても「カップヌードル」だな…麺の感じとかは一般的なものと変わり無いからなぁ。ちょっとした贅沢感っていうのが売りになるのかねぇ。

金額では少々痛いと思う方もあるかもしれないが、カロリーは見た目よりもかなり低い。特に「フカヒレスープ」だと300kcalを切るので、その面をありがたいと思う方も多いだろう。

ちなみに、それぞれの商品の正式名称は「無臭にんにく卵黄牛テールスープ」と「贅沢とろみフカヒレスープ」となっている。とろみ…言うほど強く無かったような。

かつては「贅沢だしスッポンスープ」なんてものもあったなぁ…あれは手を出す勇気が無かった。その代わりに登場したのが「牛テールスープ」で、「フカヒレスープ」は「スッポンスープ」の頃からの継続ってことか。

「フカヒレスープ」は無難ってことなんだろうね。

200円ちょっとと言うのはカップラーメンの世界では高い部類だろうなぁ。なので、そうそう買うものでは無いと思うが、試したことは決して悪くなかったねぇ。

もう1度買うことは…うーん、あるかねぇ?

PAGE TOP